信じようと、信じまいと―

ナビゲーション

Nameless-3

19 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/05/30 13:04 ID:qnzvV16G
信じようと、信じまいと―

昭和後期の神奈川のある海岸でのことだ。

明方に地元漁師が男児の死体を発見した。

その外見は日本人のようであったのだが。

何故だか身元が判明することはなかった。

数年後に捜索願に記載された男児と判明。

しかし奇妙だったのは男児の年齢だった。

男児は死亡当時には胎児であったからだ。

信じようと、信じまいと―
23 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/16 14:44 ID:c9UD3Dq1
信じようと、信じまいと―


フランスがアフリカ横断政策をとっていた19世紀、
西コンゴのある部族を武力制圧した。
文字を持たない彼らとの意思疎通は、近隣の近い
部族の通訳によって行われたが、フランス軍はやが
て彼らが「夢」の概念を持たないことに気がついた。
彼らいわく、眠りにつくと目覚めるまで意識の完全な
断絶があるのだという。
この不思議な部族のことを知り、20世紀に脳生理学者
が現地にやってきたときには、すでに一族が死に絶えた
あとだった。
25 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/16 16:32 ID:J0gghNyv
信じようと、信じまいと―
韓国では『口裂け女』がブームになっている。
ついに日本の文化に近い話が海を越えた。
26 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/24 01:14 ID:w2pnvZr4
信じようと、信じまいと―

南米コスタリカのジャングルの奥地に、原住民が「悪魔の穴」と呼んで
恐れる窪地がある。窪地の内部には植物が全く生えておらず、動物も
近寄らないという。1958年、ある地質学者がこの地形に興味を持ち、
ガイドが止めるのも聞かず単身窪地へ降りていった。
その地質学者が窪地の中心に着いたとたん、耳をおさえてもがき苦しみ
だした。助手たちが必死に救出したがすでに事切れていた。検死の結果、
彼の聴覚組織は完全に破壊されていたという。

信じようと、信じまいと―
29 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/27 23:01 ID:q+DIufPh
信じようと、信じまいと―

1900年初頭、ジョージア州アトランタで複数の連続暴行事件が発生した
逮捕された犯人たちは、全員、犯行時何らかの薬物を使ってトリップしていたことが分かったが、
それ以外彼らに共通点は無く、犯行に用いられた薬物も特定できなかった
ただ、おかしな事に彼ら全員が無類のコーラ好きであった事は調書に記載されていない
30 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/06/27 23:05 ID:q+DIufPh
信じようと、信じまいと―

さる良家の令嬢が、ある日ふと、小さい頃大事にしていた人形を思い出し、
一目見たさに従者を率いて屋敷の蔵を探索していた
程なく目的の物を見つけた彼女は、満足げに箱を開けるやいなや、悲鳴を上げて卒倒した
従者が駆けつけると、その箱の中には和服を纏った少女らしき白骨死体が収められていた
33 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/06/29 20:59 ID:D/iX2y3H
信じようと、信じまいと―

イギリス、ハンプシャー。67歳のエマ・バーグマンがある日鏡をのぞくと、
自分の子供の頃にそっくりな少女が泣きそうな顔をしているのが映った。
それを見た瞬間エマは、幼い頃、のぞいた鏡に見知らぬ老女映っていて
ひどく驚いたような顔をしていたことを思い出した。
34 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/06/29 20:59 ID:D/iX2y3H
信じようと、信じまいと―

1999年10月。山形県のKさんは、外から戻ってきた飼い猫の異変に気付いた。
顔の右にあった黒いぶちが左に移動していたのだ。よくよく見ると、全身の
模様がすべて左右逆になっていた。猫はひどく怯えた状態で、それ以降
見知らぬ人を異状に怖がるようになったという。
36 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/06/29 21:01 ID:D/iX2y3H
信じようと、信じまいと―

1995年、アメリカの海洋調査会社が深海の調査を行っていたところ、深さ6000mの
海底付近で無人カメラが潜水服を着て酸素ボンベを背負ったダイバーの
姿をとらえた。人間が耐えられるはずのない深度にいたその人物はカメラに
向かってピースサインをしたあと、深海の闇の中に消えていったという。
38 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/07/01 05:05 ID:wuXkggTx
信じようと、信じまいと―

東京都のOL、斉藤晃子さんがお気に入りのCDをCDプレイヤーでかけると、
CDに傷がついてしまったのか、「さよなら……さよなら……さよなら……」と
同じ箇所を繰り返し再生するようになってしまった。その後あることに気付いた
斉藤さんは青ざめた。そのCDに「さよなら」という歌詞がある曲はなかったのだ。
39 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/07/01 05:06 ID:wuXkggTx
信じようと、信じまいと―

2000年、千葉県のNさんはひどく恐ろしい夢を見て恐怖のあまり目が覚めた。
驚くことにNさんの頭髪は一夜にしてすべて白髪になってしまっていた。
目が覚めた瞬間にどんな夢だったのか忘れてしまったNさんが、今もっとも
怖れていることはその夢の内容を思い出すことだという。
46 名前:トオル 投稿日:04/07/07 13:39 ID:kb1wpvxz
信じようと、信じまいと−

昭和20年代、とある田舎の村で「神降ろし」のような儀式が行われていた。
天照大神とか、大層な名の付く神が一介の人間に降りるはずがないのにも関わらずに。
そんな中、村人が狐に騙されるという事も続いた。ぼたもち(おはぎ)だと思って
食べたも物が馬の糞だった等々。降ろされた神は野狐が化けていたものだったらしい。
47 名前:トオル 投稿日:04/07/07 13:54 ID:kb1wpvxz
信じようと、信じまいと−

歪み(ひずみ)が存在する場所が各地に点々とある。そして歪み同士が繋がって
いる場合もある。歪みに足を踏み入れたらいわゆる「神隠し」と言う現象が起こる。
そこに物を落としたら、いくら探しても出てくる筈がない。
何より怖いのは、歪みがいつも同じ場所にあるとは限らない事だ。
48 名前:トオル 投稿日:04/07/07 14:01 ID:kb1wpvxz
信じようと、信じまいと−

自分の子供を神童だと信じて疑わない母親が居た。何をするにも子供にお伺いを
立てて「まつりごと(今で言う政治)」にすら参加させていた。必要以上に
子供に依存する母親。狂信的になる村人。次第に子供の自我は壊れていった。
ある日子供は言った。「神のお告げです。あの女を殺せと…」村人は母親を血祭りに上げた。
49 名前:トオル 投稿日:04/07/07 14:18 ID:kb1wpvxz
信じようと、信じまいと−

とある山でトンネル工事が行われた。始点と終点の両側から穴を掘り進めていく方法で
ちょうど真ん中辺りで火薬(ダイナマイト)を使って穴を繋げると言う。しかし僅かな
計算ミスで予定位置よりずれていた。それを知らずに発破。トンネル内部は崩れ作業員
の一部は死亡。結局掘り直し成功したが、始点から終点に向かって写真を撮ると出口が2つ写ると言う。
50 名前:トオル 投稿日:04/07/07 15:00 ID:kb1wpvxz
信じようと、信じまいと−(少し長くなりますが)

少女は毎晩、祖母と二人で母親の仕事帰りを待っていた。
その日は夕飯の支度も終わり祖母に寄り掛かりながらテレビを見ていた。
しかし段々とつまらない番組に飽きて、少女はウトウトし始める。

その途端、押入の戸が10cm程開き、白く長い女の左手がニュルリと伸びてくる。
しかも少女に向かって伸びてくる。尋常じゃない光景に少女の眠気は吹き飛んだ。
少女は驚き、怯え、祖母に助けを求めるが祖母は気付かない。
少女にしかあの手は見えないのだ。

関節の無い、まるで蛇のような左手は少女の目前まで迫って来た。
少女は満身の力を込めてその左手を引っ掻いた。
左手はよほど驚いたのか、シュルリと押入の奥へ戻って行った。
そして戸もピシャリと閉じられた。

少女は揺り起こされる感触に目を覚ます。
母親と祖母は「待ちくたびれて少女が眠ってしまった」としか思っていない。
「ただいま」「おかえり」当たり前の会話がいつになくぎこちない。
きっとさっき見た夢の所為だ。寝ぼけてどこからどこまでが夢なのか覚えていないが。

しかし次の瞬間少女は驚きでフラリとよろめいた。
帰宅した母親の左腕には引っ掻いたようなミミズ腫れがあった。

よろめいた彼女を母親が抱きかかえ囁く。
「誰に話したって、誰も信じないよ」
少女は完全に気を失った。
51 名前:トオル 投稿日:04/07/07 15:14 ID:kb1wpvxz
信じようと、信じまいと−

Rさんが言うには、夢の中でゲームをする。勝ったら願い事を一つ叶えて
貰える、しかし負けたらどうやら命を取られるらしい。とんでもない賭だが
今までは負けた事がない。ささやかな願い事だし、所詮夢だと言う事もあり
安心していた。しかしRさんは心不全で突如亡くなる。Rさんの最後の願い事は世界の平和だった。
58 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/09 19:38 ID:aVFY2PSG
信じようと、信じまいと―

十数年前、ある女性が首吊り自殺し、後日火葬が行われた。
遺族がすすり泣く中、父親が火を入れるボタンを押した。
数分後・・・父親は釜の中から悲鳴のようなものを聞いた。
後にわかったことだが、彼女は発見時まだ仮死状態だったのである。
59 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/07/10 15:47 ID:fv6/AmBH
信じようと、信じまいと―

チリに住む男性Mは「俺は2002年8月24日に死ぬんだ。分かっているんだ」と
日頃から話していた。2002年8月24日、まさにその日、Mは首を吊って自殺した。
警察の捜査によって事件性はなしと結論づけられたが、部屋の机の上には
「死にたくない……死にたくない……」と本人が書きなぐったメモが残されていた。
60 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/07/10 15:47 ID:fv6/AmBH
信じようと、信じまいと―

1992年、アメリカのイリュージョニストXがあるテレビ番組で、画面を通じて
「あなたの存在は消えてなくなる」とメッセージを送ったところ、番組を見て
いた人が確認できただけで6人、忽然と姿を消したという。Xは事前に
「暗示にかかりやすい人は決して番組を見ないように」と呼びかけていた。
61 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/07/10 15:48 ID:fv6/AmBH
信じようと、信じまいと―

99年4月5日、オランダ郊外のある家でそこに住む50代の夫婦の遺体が発見された。
死亡時間はほぼ同じ。夫人の死因は持病の心臓病の発作による病死。夫の方は
窒息死と判明した。死因と関係があるかは判然とはしていないが、夫は生前よく
「妻は私にとってなくてはならない空気のような存在だ」と語っていたという。
62 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/10 21:03 ID:GUuzxyjs
信じようと、信じまいと―

一人の精神学者が自分の研究所に篭もり研究を長く続けていた。
長い時が経ち彼が外に出ると、そこには荒野が広がっていたかのように見えた。
彼の研究は「常人と狂人の境目について」
研究は失敗に終わった。
68 名前:IOU ◆NyHWQa3Bhs 投稿日:04/07/11 02:27 ID:dOcnI4Xh
信じようと、信じまいと―

イギリスはウェールズの北方に位置するメナイ海峡で、1664年の12月5日に船が沈んだ。
81人乗りの客船だったが、助かったのはたった一人だけだった。
それから百年以上経った1785年12月5日にも、同じ場所で60人乗りの客船が沈み、
たった一人だけが助かった。
更に75年後の1860年12日5日にも25人乗りの客船が沈み、助かったのはたった一人だけだった。
年代から見てもこの三人は全くの別人なのだが、たった一つだけ共通点があった。
──三人ともヒュー・ウィリアムズという名前だったのだ。
69 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/11 20:44 ID:d2+EWG8J
信じようと、信じまいと―

イギリス北部の町デボンシャーに雪の朝現れた足跡は壁や
屋根を乗り越え入り江を飛び越え一直線に数百キロに渡り
残された。ロンドンタイムズも報じたこの事件の小さな
足跡の主を見たものは一人もいない。
72 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/12 22:30 ID:YTEXGXz5
信じようと、信じまいと―

ベトナム戦争当時、フィリピンのスービック基地を出港した輸送船が突如消息を絶ち、
多くの兵員、多量の物資、そして巨大な船が忽然と消えてしまった。
それから数ヶ月後、唯一の生存者がフィリピンの海岸で発見された。
彼は、Johnという友人と些細な事で喧嘩し、海へ叩き落されたという。
73 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/12 22:31 ID:YTEXGXz5
信じようと、信じまいと―

バインタ・ブラックという山がある。多くの登山者を死に追いやった、別名「オーガ(鬼)」
とあるフランスの登山家が滑落し、生死をさ迷っていた時、突然「こっちだ!!」と声が聞こえた。
その方向を見ると、キャンプの光が眼下に見えた。
彼はウルドゥー語は話せない。一体、誰が彼を導いたのか?
74 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/12 22:32 ID:YTEXGXz5
信じようと、信じまいと―

1974年、アメリカのネヴァダ州の鉱山の町で、殺人事件が起きた。
犯人は1人を撃ち殺した後、警察に追われ、自殺した。
犯人の死体からは偽造の免許証。また被害者も偽造の免許証しか持っていなかった。
誰が、誰を殺したのか?それも何のために。
78 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/13 18:34 ID:CSBF0/wa
信じようと、信じまいと―

1985年3月16日、日本に奇妙な生まれ方をした子供がいた。
妊婦本人はおろか、立ち会った医師すらも、いつその子供が生まれたか分からないのだ。
生んだこと、立ち会ったこと自体は記憶にあるし、記録にも残っているが、生んだ瞬間のことを覚えている者は一人としていなかった。
子供はいつ生まれたのだろうか?
79 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/13 22:28 ID:qCxUbppK
信じようと、信じまいと―

かつて岐阜県の小学生たちの間でトビオリさんという遊びが流行した。
これは「トビオリさん」と三度唱えてから、目を閉じながらジャンプするというたわいもない遊びである。
だがこの遊びが流行した地域では、なぜか周りに建物もない場所で墜落死した子供の死体が次々と見つけられた。
結局この遊びは親から禁止され全国には広まらなかったという。
81 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/13 22:48 ID:qCxUbppK
信じようと、信じまいと―

イギリス南部で奇妙な老紳士が目撃されたことがある。
彼は霧の中現れ、壁に垂直に立って近づいて、一礼してからまた霧の中に消えるのだという。
彼の目撃例は後を絶たなかったがある日を境にぱったりとなくなった。
その日、かなりの勢いで壁にたたきつけられたと思しき男性の遺体が見つかったのだ。
82 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/13 22:49 ID:qCxUbppK
信じようと、信じまいと―

アメリカジョージア州の精神科医の元に奇妙な夢を見るという男が相談に来た。
男によると夢の中でなぜか彼の頭だけが体を離れて空を飛び回るのだという。
これを不安の発露とみた精神科医は彼に頭を放さないようにしたらどうかとアドバイスした。
その翌日彼は墜落死体となって見つかった。鑑察によると彼は頭を押さえ込んだままの状態で落下したと見られている。
83 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/13 23:00 ID:qCxUbppK
信じようと、信じまいと―

三十年ほど前の韓国のハンジュに自分のことを不死身だと信じる男がいた。
ある日彼は友人と自分が本当に死なないかどうかを賭けて建物の上から飛び降りた。
しかしいくら待てども彼は落ちてこなかった。忽然と消えてしまったのである。
少なくとも現在のところ法律上彼は生存扱いになっている。
84 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/13 23:02 ID:qCxUbppK
信じようと、信じまいと―

中国は北京で、ある男が猫はどれくらいの高さまでなら飛び降りられるか試そうとした。
ビルの各階から次々と猫を落とし生きているかどうか確かめたのである。
彼は血痕があっても死体がなければ生き残ったと考え、満足げにノートに記したという。
曰く『猫はかなり高いところからでも飛び降りられる。ただしまずそうな猫には再び立ち上がる生命力がない』
85 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/13 23:02 ID:qCxUbppK
信じようと、信じまいと―

ある心理学研究者によると飛び降りは心理的に欲求や不満の開放などという意味を持ち、
人間が突発的に飛び降りたいと思うようになるのはごく自然なことだという。
なおこの研究者による実験で被験者20名に飛び降りに関する話を続けて5回行ったところ、
自分も飛び降りてみたいという人が3名出たという。
90 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/13 23:31 ID:qCxUbppK
信じようと、信じまいと―

アメリカインディアナ州の病院に体のあちこちに大きな腫瘍を持った男の死体が運び込まれた。
医者たちがその腫瘍を切り開いてみると若い女性のものと思われる人体の一部が見つかった。
後になってわかったことだがその男は当時話題になった連続殺人犯であったという。
今のところその男がどうやって死体を処理したのかはまだ判明していない。
91 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/14 00:00 ID:ST16VLdN
信じようと、信じまいと―

1927年のイギリスで、全ての苦しみから開放される薬を作ったと話す男がいた。
その男は広場に人を集め、自ら薬を飲むと満面の笑みで「これで私は自由だ」と叫んだ。
翌日、その男は原因不明の心停止で死亡。試しに薬を飲んだ人々も不可解な死を遂げていた。
彼の作った薬は単なる毒薬だったのか?それとも・・・。


信じようと、信じまいと―
93 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/14 15:51 ID:scB9H3Jo
信じようと、信じまいと―

イタリアのとある教会には未来を映し出す鏡がある。
この鏡の前にたつとその人は自分の三十年後の姿を見ることができるのだ。
しかし十年ほど前から鏡は人間の姿をまったく映さなくなってしまった。
鏡は壊れたのか?それとも・・・。
96 名前:だめぽ 投稿日:04/07/14 16:57 ID:a0YECbYO
信じようと、信じまいと─

20世紀、驚異的に発達した半導体テクノロジー。
1930年代アメリカのテキサスに住む学生が墜落したUFOを発見する。
彼は好奇心からUFO内部に侵入し、墜落の衝撃で露出した基盤などを持ち帰った。
それは人間の想像を遥かに超えたオーバーテクノロジーの結集だった。
そして彼はそれを利用して一儲けすることを考える。
ちなみに、彼は墜落したUFOに名前を付けていた。「Pentium」と。
101 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/15 00:16 ID:lqWQAZ1b
信じようと、信じまいと─
どうやらオカルトというのは人類の遺伝子に刻まれた文化らしい。
いつの時代、国家、集団、にもオカルト的なロアは存在している。
ある民族学者の論文によると、奇妙なことに遠く離れた文化に渡って共通に存在するロアがあると言う
そのロアとは「そこで振り返ると、死者にあの世に連れて行かれる道がある。」というものだそうだ
104 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/17 22:14 ID:1KdAS73O
信じようと、信じまいと─

1959年の夏、アメリカ気象庁は観測用の気球を上げた。
このような観測はありふれたもので気球は3〜4日するとデーターと
ともに回収される。 ところがこの気球だけは例外だった。 
この気球は2年を経過した1961年9月13日パキスタンのカラチの
一郵便局員の家の屋根に落ちた。 理論的には気球がそんな長時間
飛べるわけはなかったが事実はまさにそうだった。
112 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/21 23:17 ID:UoQkCN69
信じようと、信じまいと─

検索サイトGoogleで「階段」を検索すると何千件ものページが検索結果に表示されるが、
ときたま、たった1件しか表示されないことがある。
そのページは階段の写真がたったひとつ表示されているだけのものだという。
この階段を上がることはできないが、誰かが降りてくる可能性は否定できない。
115 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/22 23:30 ID:E5T4bU7j
信じようと、信じまいと─

怪僧ラスプーチンは1916年、貴族の一団によって殺された。
まず、彼を数人を殺せる青酸化合物入りのケーキやワインでもてなした。しかし効果無し。
ひとりが胸を銃で撃ち抜き、鉛入りの重い杖で頭を殴りつけ、その後皆で川へ放り込んだ。
発見された死体の解剖で解ったのだが、死因は溺死。
122 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/07/23 22:08 ID:7tPOJE5i
信じようと、信じまいと─

1854年、イギリスの静かな農村で悲劇は起こった。
農村に住んでいた12世帯、40人全員と殆ど全ての家畜が一夜にして何者かに惨殺されていたのだ。
殺害方法の極めて残忍で、全員頭を打ち砕かれ、顔も判らなくなっていた。
しかし、村長の家で飼われていた一頭の駄馬だけは、足に怪我をしているだけで無事だったという。
129 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/30 18:55 ID:k4daT2Bi
信じようと、信じまいと─

1997年、オークションサイトのイーベイに「アドルフ・ヒトラーの冷凍精子、1943年採取。DNA鑑定済み」
が出品されて話題となった。後に英国の大学生の悪ふざけと判明しこの出品に関するデータは全て
削除されたが、わずか三日間に世界中から入札が殺到し価格は1ccあたり3百万ドルに跳ね上がっていた。
最高額の入札者はブラジル国籍の某バイオ系企業だったという。
130 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/30 23:08 ID:aLg9ONhl
信じようと、信じまいとー

 ある老人が、死ぬまで教会へ通っていた。
彼は毎日、「願いが叶いますように」といっていた。
ある朝、彼は目が開けられなくなったことに気がついた。
彼はのちにこう答えている。
「朝、目をあけたら世界が平和になるように祈っていたんです」

信じようと、信じまいとー
132 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/30 23:27 ID:aLg9ONhl
信じようと、信じまいとー

山形のある寒村には、「あこやおい」という儀式があった。
村のはずれにある祠に、子供を一晩縛り付けておく、というものだった。
祠が怖されて60年ほど経ち、
「あこやおい」を最後にやった老人はある学者にこう語っている。
「あこやおいはやるんもんじゃない。からだんねがにいれるものだ」

信じようと、信じまいとー
133 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 00:24 ID:MQcRW3GC
信じようと、信じまいと―

マジックマッシュルームは幻覚成分を含むキノコで、日本では平成14年から麻薬として禁止されている。
その前年、厚生労働省はこのキノコの危険性を調査する審議会を開いたが、その際に中毒者のほぼ
5人に1人が幻覚の中で「皺くちゃで恐ろしい形相をした小人に噛みつかれた」という症例が報告された。
彼らはそれぞれ別の病院で調査を受け、互いの幻覚の内容など知るはずもないのだが…。
134 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 11:45 ID:z+e3W09V
信じようと、信じまいと―

ある巨大掲示板郡のある板のとあるスレ。
そこにレスを付けようとすると私のブラウザは毎回調子が悪くなる
ブラウザ作者はオカルト好きなのだろうか?それとも・・・
冗談交じりにそう言っていた友人が数日後事故で亡くなった。
135 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 14:27 ID:J1l13XcY
信じようと、信じまいとー

埼玉県桶川市にある古い下水道跡。
この中に4人の若者が肝試しにいき、行方不明になった。
数日後、記憶喪失で戻ってきた1人の体には無数の虫の刺し傷があった。
その虫は、カナダとアラスカの一部にしか生息していない虫だった。

彼らはどこへいっていたのだろう
137 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 15:20 ID:MQcRW3GC
信じようと、信じまいと―

華やかな舞台マジックに欠かせないアシスタントの美女。だが彼女たちは単なるお飾りではない。
特別に身体の柔軟な女性が選ばれ、大道具のちょっとした死角に身を隠すことで、人体消失など
様々なトリックを可能にするのだ。60年代にラスベガスで活躍したシャーロット嬢の場合、器用に
身体を折り畳み、30センチ四方の箱の中に完全に隠れることができたという。
138 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 15:47 ID:MQcRW3GC
信じようと、信じまいと―

1957年、アリゾナ州のハイウェイで奇妙な事故車両が発見された。
ドライバーの遺体は骨格と内臓が抜け落ち、まるで潰れた風船のような有様だったという。
高速で衝突した場合、その衝撃で内臓が飛び出してしまうことは珍しくない。
だが検死官を悩ませたのは、肝心の「中身」がどこにも見あたらないことだった…。
139 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 16:30 ID:MQcRW3GC
信じようと、信じまいと―

Y子さんの大のお気に入りは、着せ替え人形の「ミミちゃん」。
リカちゃん人形よりひと回り大きく、金色の巻き毛にぱっちりした瞳のミミちゃんを、
まるで妹のような気持ちで可愛がっていたそうだ。
成長したY子さんは東京でOLになったが、お盆休みに帰省したとき、
ふと部屋にミミちゃんがいないことに気づいた。
「お母さーん、あたしのミミちゃん知らない?」
「何だいそれ?」お母さんは不思議そうに答えた。「…そういやおまえ、子どもの頃
よく一人で遊んでたけど、あれは誰と話してたんだい?」
140 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 17:07 ID:MQcRW3GC
信じようと、信じまいと―

1947年のアーノルド事件をきっかけに世界的な話題となったUFO現象だが、
実はその遙か以前、19世紀にも全米各地で「謎の飛行物体」が目撃されていた。
ただしその「物体」は円盤でも光る球体でもなく、当時まだ存在していないはずの
プロペラ飛行機に酷似していたという…。
141 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 17:44 ID:MQcRW3GC
信じようと、信じまいと―

「アイソレーションタンク」をご存知だろうか?
食塩水に満たされたタンクに浸かり、外部の音や光を遮断すると、まるで太古の海を漂い
己が「無」に還ったような深いリラクゼーションが得られるという。
とある会員制サロンで体験できるが、その際に必ず「タンク内で何が起ころうとサロン側
の責任は問いません」と一筆取られるそうだ。
ごくまれに、タンク内からそのまま姿を消してしまう客が出るからである。
142 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 22:22 ID:MQcRW3GC
信じようと、信じまいと―

第2次大戦末期、ドイツ国内のある研究施設を占領した連合軍兵士は、そこで異様な光景を目撃した。
実験動物と思しき何百匹もの猿の死骸。それらは全て体の表裏が逆転し、筋肉と内臓を剥き出しにした
無惨な姿で息絶えていたのだ。いったい、いかなる兵器の開発が行われていたのか…?
実験に関わった科学者たちが逃亡してしまったため、詳細は今もって不明である。
143 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 23:03 ID:ZrZwwcjD
信じようと、信じまいと―

逃亡生活に疲れた殺人犯の唯一の慰めは美術館で一幅の絵を
見ることだった。森に囲まれた湖でボートから釣り糸を垂れる
その絵の人物になれたら・・。彼の願いは叶えられ絵の中の
人物となった。 ただしその絵は直前にキリストの磔の絵に
取り換えられていた。
144 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/07/31 23:22 ID:MQcRW3GC
信じようと、信じまいと―

1931年、ナイジェリア北部の小さな村で、ダムドという男の背中に奇妙な腫瘍ができた。
人面のような形のその腫れ物は、実際に口を開き、言葉さえ喋ったという。
その後町の病院に運ばれ手術を受けたが、男の背中から切り取られる瞬間「腫れ物」は
甲高い声でこう叫んだと伝えられている。
「みんな騙されるな! 俺がダムドだ! こいつは俺の身体を乗っ取って……」
145 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/01 10:56 ID:zHMn8LEE
信じようと、信じまいと―

交通事故で右腕を失ったロバートは、それ以来いわゆる「幻肢現象」に悩まされている。
ないはずの「右腕」が痛んだり、痒くなったりするのだ。医者によれば、脳が肉体の一部
を失ったことをうまく認識できないため、こうした現象が起こるのだという。
「まあ、あまり気にしないようにしてるけど…」ロバートは語る。「薄気味悪いのは、
なくなった僕の右腕を、時々誰かの冷たい手が引っ張ってくることなんだ」
墓地の傍を通ったときなどに、よく感じるという。
146 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/01 11:36 ID:zHMn8LEE
信じようと、信じまいと―

山梨県のある小学校では、もう何年もの間、卒業生の記念写真を撮っていないという。
写真を撮ると、必ずどこかにクラス名簿にない女の子が写ってしまうからである。
彼女の顔は蝋のように真っ白で、とても生きた人間とは思えないそうだ。
147 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/03 21:41 ID:dV3LV+q5
信じようと、信じまいと―

Sさんは中学生時代、いじめが原因で不登校になり、そのため隣町の中学に転校すること
になった。
新しい学校では先生もクラスメイトもみな親切で、転校生のSさんに色々と気を遣ってく
れる。が、何か様子がおかしい。みんなの表情や態度にはどこか「遠慮」というか、もっ
と有り体にいえば「怯え」の色がある。
後に判ったことだが、そのクラスではほんのひと月前に、Sさんと同姓同名の女子生徒が
いじめを苦に自殺していたのだという。
その中学でいじめを受けることはなかったものの、Sさんはまるで自分まで幽霊になった
ような気分で卒業までの日々を過ごしたそうだ。
149 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/06 15:48 ID:/t6L/lET
信じようと、信じまいと―

江戸時代、ある男が肝試しに出かけた。墓場で飛んでいた火の玉を見つけて
思わず捕まえたが、どうにもおいしそうで飲み込んだという。
その男は、100年近く行き続けたが、突然行方不明になった。
「まだどこかにいるのかもしれない」
最後のその男にあった民俗学者が死の間際に語ったという。
150 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/08 23:37 ID:rBnqHTr2
信じようと、信じまいと―

新宿の某デパート。防火扉が数多く設置されているが、
その中に閉まったまま、つまり通路を塞ぎ続けているものがある事を
知っている者は少ない。ちょっと見ただけではわからないが、
扉に耳を当てるとパタパタと足音が聞こえるという。
155 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/10 21:46 ID:36BpIsIt
信じようと、信じまいと―

日露戦争時、ロシア軍の間で奇妙な噂が流れた。曰く「日本軍の中には
時々赤い服を着た兵隊がいて、幾ら射撃しても倒れず、
逆にこの兵士を撃つと眩暈がする。赤い服には○に『喜』の字の印がある」
そういえば、日本の伊予には喜左衛門という狸の大将がいる。
156 名前:たぬき ◆lj7MzpY1jA 投稿日:04/08/11 15:04 ID:SUV4h6AU
信じようと、信じまいと―

京都の知恩院の大方丈の菊の間に素川信政が書いた襖絵がある。
この襖絵には数羽の雀が描かれていた。
しかし、それらの雀はいつしか生命を得て、飛び去ってしまったという。
現在は万寿菊の絵のみが残されている。
158 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/12 14:10 ID:znyEfgR2
信じようと、信じまいと―

一年のうち、ある決められた日の午後11時59分から、夜空に火星が見えている方角を向いて
ストップウォッチで時間を測っていると、気付いた時には次の日付の午前0時になっているという。
そしてストップウォッチの数字は1時間経過したことを示しているそうだ。
余談だが、生物の体内時計は元来、一日が25時間を基本として計算していると言う説がある。
159 名前:BCD ◆mFzgIfqn/A 投稿日:04/08/12 14:13 ID:uJqxR47i
信じようと、信じまいと―

日本のある地域の小学校で、何人もの生徒が変死をとげた。
変死した生徒は必ず、みんな図書館で死んでいたという。
警察も事件を徹底的に調べたが、結局謎で迷宮入りにされた。
だがそれ以降、その図書館に飾ってある無表情の人形が、不気味な笑みで今も笑っているらしい。
160 名前:BCD ◆mFzgIfqn/A 投稿日:04/08/12 14:26 ID:uJqxR47i
信じようと、信じまいと―

今から何年も前、とある山奥の村で愛し合った二人の男女がいた。
しかし男の顔には奇妙な痣があり、その村の村長は「災い」と呼んで男をある場所へ幽閉した。
女の体にも不気味な腫瘍があり、その村の村長は「呪い」と呼んで女もある場所へ幽閉した。
数日後、村では後に「呪いの災い」と呼ばれる原因不明の病気が流行り、村は一晩で全滅した。
161 名前:BCD ◆mFzgIfqn/A 投稿日:04/08/12 14:33 ID:uJqxR47i
信じようと、信じまいと―

何年も前から同じ夢を見る女がいた。
夢の内容は「町を歩いていると空から何かが落ちてくる」で、いつも肝心なときに目が覚めるらしい。
それから何年か経った後、ある日女が町を自転車で走っていると、空から鉄骨が降ってきた。
女は鉄骨に当たらなかった。だがその鉄骨には紙が貼っており、紙には「歩くな危険」と書かれていたらしい。
170 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/13 18:43 ID:arovOuUb
信じようと、信じまいと―

1987年、カナダのエドモントに住むアダムス夫妻が、自殺しているのが
発見された。隣に住む友人が二発の銃声を聞き、不審に思って家に
入ったとき、二人はテーブルに向き合って座ったまま、ピストルで頭を
撃ち抜いていた。
夫妻には自殺するような動機が見あたらなかった。さらに友人が家に入ったとき、
テーブルには暖かい食事が用意されていた。
二人分ともう一つ、子どもに出すかのようにマグカップに入れられたスープが。
二人に子どもはいなかったはずなのだが―
189 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/16 11:40 ID:junpkW0P
信じようと信じまいと

1945年4月愛知県で大工をしていた岡田靖に赤紙が来た。
兵隊に行くのが嫌だった靖は信州の山奥に逃げ隠れた。
8月15日の終戦を知った靖は安心して郷里へ帰ってきた。
ところが町には肉親はじめ知り合いが誰もおらず、
岡田家の戸籍さえ残っていなかった。
211 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/22 17:08 ID:lknWjhVC
信じようと、信じまいと―――

魂の重さを21gだと量った実験は有名だが、
実はこの実験には続きがある。
いわゆる「憑いている」人形は、
同一の工場で作られたほかの人形に比べて、21g重いのだと言う。

信じようと、信じまいと―――
213 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/25 16:57 ID:spzkNkeL
信じようと、信じまいと―

前ぶれなく自殺者が増加した日があった、本来最も少ない焼身自殺が最も多かった日でもある
焼身自殺者の多くは突発的に行動し、又ほぼ同じ時刻に死亡している
彼ら彼女らの多くは霊能や占いを自称・生業としていおり
共通して「39年後」と言い残している
214 名前:LINK 投稿日:04/08/26 18:12 ID:/BUz/nWB
信じようと、信じまいと──

未来を霊視出来る人がいうには、ある年齢から下の子供の未来は見えないらしい。
真っ暗であり、また真っ白であり或いは真っ赤…しかし一色であることは誰が見ても変わりない…。

信じようと、信じまいと──
218 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/30 22:45 ID:lDG1YDFM
この子が生きるのなら悪魔にでも魂を売りますと、母が嘆願して
死の淵からよみがえった赤子の名は、アドルフ・ヒットラー

信じようと、信じまいと−
219 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/08/30 23:25 ID:YogY/4yM
信じようと信じまいと―

1984年、ドイツ。
飛行機事故で不時着した雪山に取り残された男女数名が付近にあった小屋に緊急避難した。
3日後ついに救助された人々は、途中、食料が尽き、このままでは全員死んでしまうと判断し、
話し合った結果、重度の怪我で助かりそうになかった女性をやむなく小屋の外に放置し
死亡させたことを認めた。
ところがその旅客機の乗客名簿にはそのような名前の女性は存在しておらず、
死体もついに見つかることはなかったという。
221 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/01 21:43 ID:9kp/z9cE
信じようと信じまいと―

『石を拾って持ち帰ってはならない』
あなたは祖父母にそう言われた経験は無いだろうか。
汚いからでは、ない。
―拾ったその石は過去に人を殴り殺すのに使われたかもしれないから。

信じようと信じまいと―
226 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/02 00:22 ID:iHXbbO7I
沖縄県にカノカワというわれる海がある。
とある男性がその海でシャカガイをとっていると巨大な魚が彼の目の前に現れた。
のちに男性はこの魚についてこう語っている。
「その魚はよく見ると首がありさらに奥のほうには体があった。
あれは図鑑で見た首長竜そのものだった」と。

信じようと、信じまいとー
227 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/02 00:30 ID:iHXbbO7I
とある山間部に住む女性には4歳になる息子がいた。
ある日その少年は「かあしゃん、これ焼いてくれ」と1匹の鮎を携え、女性にいった。
だが近くには川などはない。女性は息子に対し「こんなものどうしたの!?」と
問いただした。驚くことに少年は「天狗様にもらった」と応えたという。
何度聞きなおしても決して少年は「天狗様にもらった」と譲らなかったらしい。

信じようと、信じまいとー
228 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/02 00:37 ID:iHXbbO7I
とある女性がF県に夏休みを利用し、花火を見に行った。
その途中の電車の中で窓の外をのぞいていると関西弁のような叫び声が聞こえた。
「城や!城が空中に浮いているがな!!」。彼の指差す方向を確認したとき
彼女は腰を抜かした。なんとかなりの上空に天空に浮かぶ巨大な城があったという。
乗客10数名はみなその城に釘付けになった。

信じようと、信じまいとー
243 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/10 21:33:41 ID:DYuGXTwh
信じようと信じまいと──

1957年アメリカ。一人の野球選手が来春小学校にあがる息子に
今期中に二百本塁打を達成してそのお祝いとすると約束した。しかし、
その選手は残り七本を残し、交通事故の為にこの世を去る。その翌日、
彼への黙祷が奉げられた試合で両チーム合わせて七本の本塁打が打たれた。
打った選手の頭文字を並び替えると、F・R・A・N・C・I・S。亡くなった選手の名だ。

信じようと信じまいと──
245 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/11 23:18:05 ID:iOWSpkZP
信じようと信じまいと──

1893年イギリスのある農村。アリス・クラベルという女性が実在した。
そう頑な言う男がいた。彼は語る。アリスは幼い頃から一緒で、
常に彼を励まし、何があっても自分を肯定してくれるすばらしい女性だ、と。
だが、男以外アリスの姿を見た者は誰一人いない。やがて、男は姿をくらました。
その少し後の時代、その村とは違う場所で、
ステラという架空の伴侶を周囲に喧伝する男の記録が残されている。
男の語るステラの姿形性格はアリスに酷似していた。

信じようと信じまいと──
259 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/16 20:22:09 ID:rsu8ZCRq
信じようと、信じまいと―

トルコ南西部のパムッカレではかつて姥捨てのような風習が
あり、それは年老いた父親と母親が自らの足で岩砂漠地帯に
ある洞窟の奥へと進んでいくというものだった。
町がセルジュークトルコに滅ぼされるまで1000年以上に渡
ってこの風習は続き、19世紀に町が発掘された時にも市街
や郊外には墓はほとんど見つからなかった。

にもかかわらず、次いで発見された姥捨ての洞窟は奥行きが20
メートルしかなく、最深部に一体分の人骨があったのみだった
という。
281 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/09 16:52:32 ID:WLJQBBSJ
信じようと、信じまいと―

19世紀のロシア
炭鉱夫のギュルギはある朝、洗面台の鏡に自分以外の見知らぬ男が写っているのを見た。
見知らぬ男は青白く物憂げな表情でこちらに目を向け、たった一度、まばたきをした。
驚いた男は、手にした斧でその鏡を破壊した。
が、すぐに我に返り、床に散った鏡を拾い集め、鏡の再生を試みた。
幸い破片は大きく、ちょうどパズルのようにその九割は再生が出来た。
だが、どうしてみても鏡は埋まらない。
その欠けている部分は、ちょうど写っていた男の輪郭の形になっていたという。
男はどこへ行ったのか?
285 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/09 22:17:32 ID:WLJQBBSJ
広島被爆直後、現場を訪れた毎日新聞の記者は頭上に白い鳩が旋回していたのを発見した。
どうしても気になったので捕まえてみると、足に手紙が添えられていた。
「今すぐそこから逃げて下さい」
と書かれたこの手紙。どこの持ち主が、誰に当てて送ったものなのだろうか
286 名前: ◆Q9tqtAUlyk 投稿日:04/10/10 01:53:48 ID:HIFRk2/E
信じようと、信じまいと―

1982年、『透視』の研究する科学者が、その能力を持つ人物を一人招いた。
彼の目的はそのメカニズムを科学的に解明することである。
数日後、研究中にその能力者は死亡した。死因は脳死である。
後頭葉が異常に膨れ上がり、脳全体を圧迫していたのだ。
287 名前: ◆Q9tqtAUlyk 投稿日:04/10/10 02:08:42 ID:HIFRk2/E
信じようと信じまいと―

1977年、とある工場で小さな爆発事故が起き、作業員が一人怪我をした。
しかし、両腕に軽い切り傷を負っただけでたいした怪我ではなかった。
仕事にもすぐに復帰した。だが、彼は奇妙なことに気づく。
以前は右利きだったはずが、今は左利きであったのだ。
288 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/10 02:25:31 ID:ZGk1CwCr
信じようと信じまいと―

1984年 スペインのとある教会の門前に、一人の赤ん坊が捨てられた。
彼は、かの聖職者ペテロの名を授けられ、すこやかに育ったが、
13才の時に、同級生にそそのかされ、万引きを犯し、補導された。
熱心なクリスチャンで、毎週日曜に教会に通っていた警官の一人に
「ペテロ!? ペテロじゃないか?」と問いただされたが、
「違う!僕はペテロなんかじゃない!」と否定した。
ご丁寧に、翌朝を迎えるまで、三度も。

信じようと信じまいと―
292 名前:バチカンってどこっすか? 投稿日:04/10/10 16:20:54 ID:6h1wq/v8
信じようと信じまいと―

ある女性の家で飼っていた猫が子猫を産んだ。
だが全部を育てることはできない、そこで人にあげることにした。
そして近所に猫が大好きだと言う男がいたので、その人に産まれた子猫を数匹あげた。
数日後、街でその男と会った時こう言われた
『その節はどうもありがとうございました。あの猫、とてもおいしかったです。』
295 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/10/10 17:02:01 ID:+nUF9G2r
信じようと、信じまいと―

1976年、アメリカ・ニューハンプシャー州の男性が友人宅を訪れたときのこと。
ベルを鳴らしても中からの返事がないため、彼が勝手に玄関の扉を開けたところ、
大量の水が家の中から勢いよく流れ出てきたという。
友人は部屋の中で溺死しており、不思議なことに部屋の窓は全て開け放たれていたそうだ。
297 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/10/10 17:12:04 ID:+nUF9G2r
信じようと信じまいと―

カナダはトロントに住む、ある一家の家では毎週火曜日の朝になると、何者かによって、
食卓に家族4人分の食事が用意された。家族の誰かがいない場合や来客がいる場合は、
それに応じて食事の数が変わった。しかし、父親が亡くなってからは、その現象はぱったり止んだという。
作っていたのは彼だったのか?…いや、違うだろう。なぜなら、彼がいない朝も朝食は用意されていたのだ。
298 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/10/10 17:14:01 ID:+nUF9G2r
信じようと信じまいと―

1963年のある雨の日、オーストラリア・ケアンズに住むチャールズ・ハバート氏は、
庭のゴミ箱を漁る奇妙な生物を目撃した。その生物は子供くらいの大きさで、全身がぬるぬるとしており、
両生類のような印象を受けたという。又、頭頂部が大きく凹んだようになっていたのも特徴的だったと話した。
驚いたハバート氏が大声で怒鳴ると、それは一瞬びくりとしてから、四つん這いになって逃げたという。
299 名前:マン・オン・ザ・タイトロープ ◆Man/NBzKY6 投稿日:04/10/10 17:29:56 ID:42yZVBjT
信じようと、信じまいと・・・

埼玉の山奥に、不思議な場所があるのを、土木作業員が発見した。
ある一画だけ、時間の流れが通常より早いのだ。
そこに車を止めると、すぐにバッテリー上がってしまったり、車内の時計が数時間も進んでいたりする。
また、レーザー測距機のレーザーが真っ直ぐ飛ばないという。
300 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/10 18:18:56 ID:+HlxKLa/
12世紀 アイルランドのクロエラの町にてミサ中にことは起こった。
空から錨のついた鎖が降りてきて教会のアーチに引っかかった。
人々が外へ出て見ると空中に一隻の船が浮んでいた。
乗組員の一人が鎖綱を外そうと空中船から飛び降りてきたが、水の中を泳いでいるような様子だった。
町の人々はその男を捕えかけたが、大僧正がそれを禁じた。開放された男は船に駆け登り、
綱が切られると船は空中へと去っていったという。

信じようと、信じまいとー
301 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/10 18:21:33 ID:+HlxKLa/
1743年、英国のウェールズ地方の北西にあるアングルス島の農夫による、
雲間を漂う帆船の目撃報告がある。
彼の話によると、帆船の排水量は約90t、蜃気楼などではない
証拠に船底の中央の竜骨がはっきりと見えたという

信じようと、信じまいとー
302 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/10 18:46:31 ID:BM9EFpfI
信じようと、信じまいとー

18世紀後半のイギリスで非科学的なものを否定する学会があった。
彼らは、妖精や霊魂、交霊術などをすべて科学的に立証し、
そのたびに霊媒師や霊能力者を否定していった。
しかし驚くべきことは、彼らの学会は今現在もメンバーが変わっていない、ということである。

信じようと、信じまいとー
303 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/10 18:53:09 ID:BM9EFpfI
ある村に厄病が蔓延した。
住人のひとりが隣町へ助けを求めにいき、多くの医師がその村にむかった。
しかし、村のあった場所には大量の古い墓標だけが残されていた。
その場所には、今でも墓標だけが残っているという。

信じようと、信じまいとー
304 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/10 18:57:13 ID:BM9EFpfI
臨死体験で妖精を見る、という人は少なくない。
ある聖職者が調査したところ、ある共通点が見つかった。
その妖精はほとんどの場合幼い子供で羽が生えているという。
余談だが、人間の胎児は最初は鳥にそっくりだという。

信じようと、信じまいと―
316 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/11 20:16:10 ID:pgntg1Li
エジプトで掘り出された2500年前のものとされる一体のミイラ。
他のミイラと違い、心臓が摘出されていないのを不審に思い、
胸部を切開して調査したところ、心臓の隣に黒い箱が置かれていた。
手術をした博士がその箱をつかんでみると、
一定の間隔で電気ショックが伝わってきたのである!
つまり、これは現代で言うペースメーカーに相当するものだという。
黒い箱の中には小さな緑色の結晶体があった。
これが動力源と見られ、博士は更なる調査を進めているという。

信じようと、信じまいと−
320 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/12 17:40:05 ID:XRp9BeTZ
信じようと、信じまいと−

「空に浮かんでる城を見た」という報告がされることがたまにあると言う。
驚くべきことに報告された城の特徴は共通して、
よく絵本で見かけるような宮殿みたいな城で、くもの上にあると言う。
それは夢か幻だったのか?それとも…

信じようと、信じまいと−
322 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/10/12 18:45:08 ID:Eg0jHWb4
信じようと、信じまいと―

アメリカ・ミネソタ州に住むカーター夫人の話。ある日、夫人が家のカレンダーを見ると、
翌日6月22日の欄が黒く塗り潰されていた。子供の悪戯と思い、気にも留めなかったのだが、
翌日、夫が事故死した。それからというもの、両親の死や友人の死の際も同様に、前日、
日付欄が黒くなったという。ちなみに、夫人は現在86歳。未だ健在である。
323 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/10/12 18:46:28 ID:Eg0jHWb4
信じようと、信じまいと―

1991年、ベーリング海。深夜、ソ連の巡回船員全員が奇妙な汽笛の音を聞いた。
船のものとは明らかに違う汽笛。直後、船の前方から蒸気機関車が走ってくるのが見えた。
呆気にとられる船員たちを尻目に、汽車は船の横を通過すると夜の闇の中へ消えていったという。
余談になるが、ソ連がロシアに引き継がれたのはその出来事からすぐのことであった。
324 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/10/12 18:48:56 ID:Eg0jHWb4
信じようと信じまいと―

1995年1月16日、アルゼンチンに在住する後藤泰子さんはその時、自宅の居間でくつろいでいた。
前兆はなかった。突如、自宅を大きな揺れが襲ったのである。
揺れが治まり、彼女は慌てて外に出たが、そこには何事もなかったかのような日常があったという。
彼女の郷里は兵庫県芦屋市。揺れを感じたのは、日本時間で1月17日早朝のことであった。
325 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/13 00:13:44 ID:xJcMJjmy
信じようと、信じまいと―

ある日、座禅を組んでいた一人の仏僧が目の痛みを訴えた。
激痛にのたうつ僧侶の目を開けさせると、中から魚のウロコが出てきた。
しかし、彼のいる寺は山奥で近くに魚の釣れそうな川などもない。
彼はその後「悟りを開いた」と言い残し、下山したという。
329 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/13 09:09:29 ID:hztKE6im
信じようと、信じまいと―

清掃業者が早朝の業務を終え帰ろうとした時、乗ったエレベーターに異常が発生した。
下降はしているのだがやけに時間がかかるので呼び出しのボタンを押すが返事もない。
数十分経ったかと思った頃エレベーターは一階に着いた。
ビルは一階部分を残して倒壊していた。
1995年1月17日の早朝のことだった。
333 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/13 23:06:41 ID:VV9dCI8h
信じようと、信じまいと―

1959年イギリス。ボニフェースという青年が不幸の手紙を送った。翌日彼の元に
3通の不幸の手紙が届いた。文面は彼が書いたものと同一だった。不思議な事に、
その内の1通の消印は3日前だった。更に綴りの間違いまで同じだったという。なお、
手紙を送った3人とも不幸の手紙を受け取っており、その差出人は全て異なっていたという。
334 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/10/14 11:53:16 ID:KcOT8xtn
信じようと、信じまいと―

1991年、ネバダ州の男性から、リビングにあいた穴から出られなくなったと通報が
あった。レスキュー隊が男性の自宅に駆けつけたところ、リビングには魔法陣や
蝋燭など怪しげな儀式が行われていた形跡があったが、男性の姿はついに発見
できなかった。男性からの救助要請はその後数回あったが、やがてそれもなくなった。
335 名前:真一 ◆QPqB3yGi7A 投稿日:04/10/14 11:54:23 ID:KcOT8xtn
信じようと、信じまいと―

水が凍って固体になる際、流す音楽によって結晶の形が変化することは知られて
いるが、アメリカのある研究団体の発表によると、ある種のリズムとメロディーを
組み合わせた音楽を流したところ、冷凍庫に入れた水が何時間経っても全く凍らなかった
という。人体に与える影響が未知数であるためどのような音楽かは公表されていない。
337 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/14 14:43:36 ID:SW3cYAts
信じようと、信じまいと―

福岡県に住む、Aさんの話。
あるとき、Aさんが五歳になる息子と図鑑を見ながら遊んでいた。
すると、息子が唐突にこのような事を言いだした。
「ぼくはねぇ、最初はおさかなさんだったんだ。それからとかげさんになって・・・」
なんと、生命の進化の過程を正確に話したのだ。
胎児の成長過程は生命の進化の過程と酷似しているのは有名な話である。
338 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/14 15:02:31 ID:SW3cYAts
信じようと、信じまいと―

アメリカのある州で、男性が変死体で見つかるという事件があった。
死体は苦しんだ跡も無く、まるで眠ってるかのようであった。警察が死因を調べたが、不明。
ただ男は生前、周囲の友人にこんな事を漏らしていた。
「最近、俺の頭にノイズが走るんだ。テレビの砂嵐みたいに。しかも、日ごとにその間隔が短くなってきている・・・」
340 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/14 18:55:48 ID:1O10OTZO
信じようと、信じまいと―

17世紀、スペインのとある平原で猟師が鹿を捕まえるために落とし穴を掘り、
村人が誤って落ちないように落とし穴の手前に「↑穴あり」と書いた看板を立てた。
次の日、猟師が罠の様子を見に行くと、穴の周囲に村人が集まっていた。
ふざけて落とし穴に入った子供が空高く飛び上がり、そのまま見えなくなってしまったという。
342 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/14 19:19:47 ID:1O10OTZO
信じようと、信じまいと―

2000年4月、ユタ州に住むバリーは、声が聞こえるだけの不思議な夢を見た。
内容は「お前はお前をよく知っている人間に殺される、それも近いうちに」というものだった。
翌日、バリーは夢で全身黒ずくめの男に首を絞められるが、彼の左手をつかんで引き離したところで目が覚めた。
はっとして身を起こすと、自分の左手に右手でつかんだ跡がくっきりと残っていた。
344 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/15 00:08:36 ID:OpEhVOYs
信じようと、信じまいと―

フランスのとある地方にアルコール中毒の男がいた。
まさに浴びるように毎日酒を飲み続けていた男であったが、ある朝自宅で死んでいるのが確認される。
解剖の結果、胃と肺の中からは大量の水が発見され、死因は水を飲みすぎたことによる「溺死」であった。
後に、男は「いい酒が手に入った。一緒に飲まないか?」と友人に話していた事が判明した。
いったい男は何を飲み、何に酔っていたのだろうか。
346 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/15 11:26:49 ID:spbaJxO5
信じようと、信じまいと―

1986年アメリカ、ひとりの男がミステリー小説「悪魔との契約」を出版した。
その小説はベストセラーになったが、作者はその翌年に心不全で25歳という短い生涯を終えた。
遺品の整理を手伝っていた友人は、書斎で「アイデアメモ」と書かれたノートを見つけたが、
裏表紙に「契約は成立しました」とだけ書かれていて、ほかに文字が書いてあった形跡はなかったという。
356 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/18 22:59:26 ID:ibGUEZsR
1997年、アラスカ州フォーレイカー山中腹に隕石が衝突した。
衝突した隕石の直径は約10cm。主成分が鉄とニッケルの鉄隕石だった。
しかし、何の変哲もないはずのこの隕石は、発見から暫くの間、学会を騒がせることになる。
何故なら、発見された隕石の形が完全に正確な八面体であったからだ。

信じようと、信じまいと―
371 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/20 01:13:48 ID:hv4rQSOt
信じようと、信じまいと―

>>322 のエピソードを読んで急に思い出したんだが、大場政男という、現役世界チャンピオンのときに
交通事故で死亡したボクサーがいたんだけど、事故の前日、大場とその友人達がふざけて大場の写真を
黒いマジックで縁取りしたんだってね。なにげなく。それを見た帝拳ジムの長野マネージャーは凄く不吉な予感がしたそうだ。
まあ不吉な予感っつってもせいぜい次の防衛戦で負けるかもってくらいで、まさか死ぬと思わなかったろうけど。
あと80年代の週刊プロレスで、のちに自殺するマイク・ファン・エリックのインタビュー記事がでてたんだけど
マイクが1人で笑顔で食事してるモノクロ写真に黒い枠で囲ったページで、死んだあと読み返したとき
「あれ?これ死んだ後の発行かな?」と思ったら違った。
まあエリック兄弟はその時点でデビッドってやつが死んでるんで、週プロもなにか予感してそんなレイアウトにしたんかもしれんが。
379 名前:長くなってしまいました 投稿日:04/10/23 02:39:05 ID:MyKa3MV4
オーストリアの旅客機がシベリア上空で突然爆発、炎上。そのまま森林の中に墜落した。
100人を越す乗客のうち、奇跡的に助かったのはたったの5人であったが、
彼らはみな精神に異常をきたしていた。イギリス人の精神学医トマス・リチャーズは、
デタラメなことばかりを繰り返し言う彼ら全員に嘘発見器をつけ、質問をするも、
全員が全員とも支離滅裂なことを言い、発見器の反応もバラバラであった。
たった一つの質問を除いては。
トマス・リチャーズはこう聞いた。「神は、存在すると思うか」
すると5人全員が拒絶反応を示すかのように脅え、異口同音に「NO!」と言った。
しかしすべての嘘発見器は彼らのその発言に対しlieつまり、嘘であると反応していた。
彼らは何を見たのだろうか


信じようと、信じまいと―
388 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/23 22:16:40 ID:DHrI1KMF
信じようと信じまいと──

1988年、京都。アパートで一人暮らしの女性が変死した。死因はある毒物の慢性的な摂取による中毒死。
検死に当たった医師は首を傾げた。この物質は合成物質であり、自然に摂取することはあり得ない。
この謎は彼女のアパートで解明された。彼女の部屋の壁は広範囲にわたり深くえぐられていた。
壁からは先の物質が微量ながら検出された。彼女は生前、生米などの異常節食で通院経験があったという。
389 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/23 22:57:52 ID:MyKa3MV4
参ったな、僕が臍を曲げてるみたいな感じになっちゃった。
面目ないです。
というわけでお詫びに一つ。

1963年アメリカネバダ州、男は荒野に家付きの土地を格安で買った。
電気は無かったが水道があったので生活に不便ではなかった。しかしある日突然水道の出が悪くなり、
赤い液体が混じるようになった。やむなく水道管を掘り起こし、問題箇所を見つけるまでそれを辿っていった。
不安になりながらも水道管を辿っていったが、しばらく進んだところで大きな黒い塊が見えた。
その黒い塊はイルカの死骸であった。海からは数百kmも離れた土地であったが、
イルカはたった今まで生きていたかのような質感で、水道管はそのままイルカの胃袋に繋がっていたという。

信じようと信じまいと──
390 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/24 00:23:24 ID:lyGKrlhF
>>371
激しくスレ違いかもしれんが
ある(元チャンピオンだった)ボクサーが死んで二週間ほど後、
ジムに掛かって来た電話をトレーナーが受けた、
電話の相手は「**(そのボクサーの名前)です」とだけ言って後は
何も聞こえなくなった、
トレーナーは間違いなく**の声だったと語った、
電話は何処から掛かってきたのだろう。

という話を昔読んだ事があるけど、その人かな?
395 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/24 09:55:12 ID:oZUN3ean
信じようと信じまいと―

ある男が自宅で小便をしていた。彼は吸っていた煙草を便器に投げ込んだ。
その途端火柱が上がり、男は局部に大火傷を負ってしまった。
原因は直前にトイレ掃除をしていた妻が、殺虫剤を便器に捨てていたことだった。
不幸なことに、火傷の原因を聞いた救急隊員は笑いを抑えられず、階段の
途中で彼を取り落としてしまった。男には腰痛骨折のおまけが付いた。

信じようと信じまいと―
397 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/24 17:12:15 ID:1PXAA6pE
信じようと、信じまいと―

1986年、アメリカのとある州である女がいつものように会社に行くために歩いていると
途中で路地裏にとても古そうなCDショップを見つけた。いつもここを歩いていたのだが
それに気づいたのはその日が初めてだった。
なぜかそのショップに引かれた女はそのショップに入り、一枚のCDを購入した。
数日後、女は失踪した。そこまでならよくある話なのだが失踪、いや無くなったのは
彼女だけでなく、彼女の家にあったありとあらゆる音の出るもの、またCD、カセット
テープなどもすべて消失していたのだ。
398 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/24 17:17:40 ID:1PXAA6pE
信じようと、信じまいと―

ある国の考古学者がひとつの遺跡を調査していたところ誤って、地震でできたと
思われる断層へ足を滑らせてその中へ落ちてしまった。
一緒にいた隊員はその断層の中へ声をかけたがもちろん声が帰ってくるはずはなかった。
しかしその次の日、その考古学者の生存が確認されたのだ。
なんでも見つかったのはブラジルで突然空から草むらへ降ってきたというのだ。
そのときの考古学者の意識はまったく無かったという。
399 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/24 17:23:06 ID:1PXAA6pE
信じようと、信じまいと―

1890年、新潟の小さな町のアパートの一室で男が首を吊って死んでいるのが発見された。
そしてその部屋の棚の上に見つかった遺書にはこう書かれていた。
「先日、鏡で髪を整えていたところ鏡に映った自分の後ろに首を吊ってる自分を見つけた。
幻覚でもなんでもない。あれは紛れも無く自分自身だ。それを見つけてからというもの、首を吊った自分が鏡に映らないと
落ち着きがなくなっていた。あの図を再現するために自分がオブジェとなろうと思う。」
408 名前:388 投稿日:04/10/25 03:24:44 ID:bsDfc69w
信じようと、信じまいと―

1967年、コロラド州アラモサ。中学生のイーサンはいじめを受けていた。彼が無口で「日記マニア」だったからだ。
彼は常に日記帳を持ち歩いていた。ある日、彼の日記にこんなことが書き込まれた。「宇宙人にさらわれた」
日付は明日。無論いたずらだが、彼はじっと、そのページを見つめていたそうである。それから2日間彼は失踪した。
帰宅した彼は、持っていた日記帳と共に一切の記憶を失っていた。彼が書いていたのは「日記」だったのだろうか?
409 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/25 15:39:32 ID:VKoog8QK
信じようと、信じまいと―

英国の片田舎。孤独なエミリーはある時、旅芸人の腹話術師に恋をした。
椅子に座り、膝の上に人形をのせて演技する彼はとてもハンサムだった。
ある日、憧れの彼の楽屋を訪ねた彼女。だが悲鳴を上げて逃げ帰った。
彼女が恋をした彼は、実は人形で、人形こそが人間だったのだ。
424 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/28 02:35:23 ID:0pUyKKRv
信じようと、信じまいと―

アメリカ・フロリダ州。拳銃で4人を殺害し逮捕されたある男は、
「自分は見えない人間に操られている」と訴えたが、結局死刑になった。
10年後、薬物注射により男は処刑されたが、
その時、処刑室の扉がすっと開き、ゆるい風が吹きぬけたという。
425 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/28 02:59:01 ID:0pUyKKRv
信じようと、信じまいと―

ヨセミテ国立公園には、ファントム・ロックと呼ばれる岩があるとされている。
というのは、そのファントム・ロック、現れたり消えたり、別の場所に出たりするからだ。
ツアーガイドは適当な岩をみつけては「これがファントム・ロックだ」と説明しているが、
実際、どの岩がファントム・ロックなのだか、誰も知らないのだという。
426 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/10/29 06:13:36 ID:bJehQqPm
信じようと、信じまいと―

いつもの交差点。ある少年が、電信柱にテープで留められた
透明なプラスチックの部品のようなものをみつけた。
何だろう? そう思って覗き込んでいると、中年の女性がやってきて
横からそれを毟り取り、微笑を浮かべながら持ち去っていってしまった。
436 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/05 17:59:28 ID:x52UFX7G
信じようと、信じまいと―

ある女性が失業中に公園で求人雑誌を読んでいた。さて帰ろうと立ち上がったその時。
「君は、昨日面接にきた子じゃないか」と男性に話しかけられ、驚いた女性が話を聞くと
服装から髪型までまるきり同じ女性が面接に来たと言う。
彼女に似た血縁は誰一人居ない。それは一体誰だったのか。
437 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/05 18:36:41 ID:jDwJ+b4D
1977年リバプールに住む男はある日、鏡に写る自分の行動が正反対の挙動を示すことに気がついた。
例えば、男は右手を挙げるが、鏡面の中のもう一人の男は左手を上げる、といった具合だ。
のちに男は極度に鏡を見ることを嫌がるようになり、それは1988年、男が46歳で死ぬまで続いた。
死後、男の死体を解剖したところ、心臓を始めとする男の臓器のつくりは全て左右反対になっていたという

信じようと、信じまいと―
438 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/05 20:20:57 ID:x52UFX7G
信じようと信じまいと―
1996年、日本。とある島の山中で男子が遊んでいると祠が見つかった。
その中には火薬らしい粉があり、自警団によりその祠が捜索されたが祠は見つからなかった。
男子が持ち帰った少量の火薬らしきものは、捜索から帰ると消えていた。
その島は昔海賊の拠点だったため、火薬があってもおかしくはない。祠は現在も発見されていない。
445 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/08 01:06:11 ID:8tzQ55u/
1977年リバプールに住む男はある日、鏡に写る自分の行動が正反対の挙動を示すことに気がついた。
例えば、男は右手を挙げるが、鏡面の中のもう一人の男は左手を上げる、といった具合だ。
それは1988年、男が46歳になるまで続いた。
しかしそれ以降は右手を挙げれば中の男もきちんと右手を挙げるようになった。

信じようと、信じまいと―
455 名前:浮かんだよ 投稿日:04/11/13 01:21:05 ID:CEcgKl7x
イルカが聴けば必ず死ぬレコード、というものが実在した。聴覚に敏感なイルカは、そのレコードから発せられる
特殊な振動によって過度の痙攣を引き起こし始め、最後には内臓が破裂してそのまま死に至るのだと言う。
その実験を繰り返し行っていた学者がいる。何度目かの実験を始めようと男の助手がオーディオのスイッチを入れたとき、
たまたま男は水中にいた。音が流れると同時、突然男は身もだえを始め、呼吸困難に陥った。そしてそのまま水中で気絶してしまった。
スタッフの懸命の努力により学者は蘇生したが、ひどく脅えた様子で「巨大で透明な手が私の喉元を掴むのが見えた」と語った。


信じようと、信じまいと――
456 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/13 19:07:34 ID:B4FQbCA5
大阪に住むある男性が「自分がHIVウイルスに感染している」という夢を見た。
しかし夢見ただけで金を払い調べるのはバカバカしいと考えた彼は、献血を利用し検査をする
という考えに至る。かくして彼の血液が抜き取られたが、その場にいた者は男性を含め凍り付いた。
男性の血液は透明だったのである。さらに調査の結果それは造り出す事の出来ない完全な純水と結論された。

信じようと、信じまいと――
461 名前: ◆RFLEFTPEBI 投稿日:04/11/18 03:20:27 ID:y/TSz/3m
信じようと、信じまいと―

西暦2000年の暮れ、アメリカのあちこちの掲示板にはジョン・タイターと名乗る男の書き込みが相次いだ。
彼は、自らを西暦2036年の未来からやってきた時間旅行者であると主張し、ある古いコンピュータの入手をその目的としていた。
そのコンピュータとは、1975年に市販された世界初のポータブル・コンピュータでもあるIBM5100であり、彼の祖父がその開発に携わっていたらしい。
IBM5100には2036年までは秘密にされていたある特殊な機能が内蔵されており、それを利用すると未来におけるコンピュータ・システムの様々な問題が解決するのだという。

ネタ元
ttp://med-legend.com/mt/archives/2004/11/index.html#000624
462 名前:ぬるぽ派 ◆goua1hbNbY 投稿日:04/11/18 20:05:20 ID:r9KPbnOA
既出だったらスマソ

 戦国武将に松永久秀という武将がいた。織田信長が徳川家康に
「松永久秀は、普通の人ができないことを三つもやってのけた。
主家である三好家を滅ぼし、室町幕府十三代将軍の足利義輝を暗殺し、
東大寺の大仏殿を焼き払った。」と語ったほどだ。
時は流れ、上杉謙信が上洛するという報を耳にし、
松永は信貴山城に立て篭もり信長に反旗を翻した。
大将の織田信忠率いる二万三千の軍勢に包囲された松永は、
天守閣に火薬を集め、そして火をつけて木端微塵に吹き飛んで逝った。
時に天正五(一五七七)年十月十日奈良の大仏殿が焼け落ちてから、
ちょうど十年目の同じ月、同じ日であった。
信じようと、信じまいと―
471 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/22 07:46:40 ID:YywZ8UVp
信じようと信じまいと――

1880年、ベルギーの神父が教会内で男を殺し、自らも命を断っていたのが発見された。
狭い町にしては妙なことに、浮浪児同然の格好をしていた被害者の青年に誰も心当たりはなかった。
死因は絞殺だったが、左右両方の肩甲骨付近にひときわ眼をひく大きな傷があった。
そして、被害者が倒れていた反対側の礼拝堂のすみには、一対の巨大な翼がうち捨てられていた。
472 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/22 21:31:17 ID:WRrnFVui
信じようと、信じまいと―

エリザベス・ケートの両親にはオカルト趣味があった。
彼女が生まれた時、母親は「この子はジョンに殺される、ジョンに殺される」と言って息を引き取った。
1963年11月22日、43歳になったエリザベス・ケートは夫とテレビを見ていたが、突然発作を起こし、帰らぬ人となった。
死因は強いショックによる呼吸障害。その時テレビでは、ジョン・F・ケネディ暗殺のニュースが流れていた。
473 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/22 21:32:18 ID:WRrnFVui
信じようと、信じまいと―

中央ロシアを流れるエニセイ川上流には、地元の少数民族に「タイカ」と呼ばれている魚が棲んでいる。
このタイカは、普段川の深みの淀んだところにいて、滅多に姿を見せず、それゆえ生態なども全く分かっていない。
数年前、モスクワ大学の研究チームが研究のため、サンプルとして数匹を捕獲、持ち帰って解剖を行った。
その結果、いずれのタイカの胃の中からも、他の魚の稚魚や小石などに混ざって、人間の髪の毛が発見された。
474 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/11/22 22:56:34 ID:oKGiwHEP
信じようと、信じまいと―

獣医につれてこられる犬。
その数%は、あるものを喉に詰まらせたことが原因である。
それは、人間の陰毛の塊。
犬の喉は糸状の物体を飲み下す事ができず、
何らかの理由で飲みこんだ陰毛が喉に溜まってしまうのだ。
508 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/09 21:35:20 ID:83SRGibD
信じようと、信じまいと―

1996年12月2日北極にて、イギリスの研究者たち十数人が驚くべき発見をした。
空を見上げたところ、真っ青な輝く霧のようなものがぐるぐると回転し続けていたのだ。
発見から二日が経ったが移動する様子も消える様子も一向にないため、
研究者たちはついに調査を始めた。

気象観測に用いる気球を上昇させてその回転する霧のようなものに近づけたが、
そこに触れた瞬間、気球は突如として消失してしまった。
繋がれた紐をたぐりよせてみると、最初は重かったが、少し出てきたところで急に落下してきた。
なんと気球は真っ白に凍りついており、内部には砂や枯葉と思われる残骸、氷や雪などがぎっしり詰まっていた。
それらを保存容器に入れて持ち帰り、さらに調査を進めた。
1997年4月15日、研究者たちはそれまで延々と同じ調査を繰り返した。
世界中数多くの機器を用いたにもかかわらず、内部にあった残骸は、
約200万年前のものであるという結果を出し続けていたからである。
509 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/10 17:51:17 ID:n0LdSdgj
信じようと、信じまいと―

失踪者たちがいると言う。
彼らは失踪する前に奇妙な話をたくさん語り、突然消える。
そして彼らの住所や名前を知る人は見つからない。
では、彼らは本当に実在していたのだろうか?

信じようと、信じまいと―
512 名前:FHT ◆NpPzdGrwbc 投稿日:04/12/13 23:38:50 ID:FHMlgGJV
信じようと、信じまいと―

1917年、スペインの探検隊が北欧のある地域の洞窟を探検することになった。
この洞窟はつい最近になってからようやく発見された、
完全な人類未踏の地であった。洞窟に入ってから
しばらくは、特にこれといったことも起こらなかったが、
相当深くまで来たとき、隊員たちは全員ふとあることに気づいた。
岩の位置や洞窟の温度、湿度が絶妙に作用したのだろう。
洞窟の中を流れる風がちょうど、
「帰れ、ここに立ち入った代償は大きい」
と言っているように聞こえたという。
そのほかにはこれといって気になることもなく、探検隊は全員無事に帰還した。
その翌年の1918年、スペインから広まったインフルエンザが、
世界中で猛威を振るった。無論、それは「スペイン風邪」と呼ばれた。

信じようと、信じまいと―
515 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/14 17:31:11 ID:4JULXp22
信じようと、信じまいと―

18世紀、ロシアの農夫の家に臍の無い子供が生まれた。
夫婦は訝りながらも「そういうこともあるのだろう」とその子供を育てていたが、ある日、
ぼろぼろの服を着た男が「それはわたしの児だ」と無理に子供を連れ去ってしまった。
後になって夫は、男の服が自分の畑の案山子に着せていたものだったことに気が付いた。
516 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/12/14 18:25:34 ID:kN8M7YCt
信じようと、信じまいと―

1935年、フィンランド。ある夫婦が畑で仕事をしていたときのことである。
夫がふと顔を上げると、遠くの方に何十羽もの渡り鳥の群れが飛んでいるのが見えた。
その直後であった。鳥たちが、まるで銃で撃たれたかのように次々と落下していくのである。
二人が唖然としている内に、渡り鳥は全て地上へと消えてしまったという。
517 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/12/14 18:26:57 ID:kN8M7YCt
信じようと、信じまいと―

1950年。ペンシルヴァニア州警察に、百貨店に時限爆弾を仕掛けてしまった、と通報が入った。
警察は直ちにその百貨店へと向かったが、それらしきものは全く見つからなかった。
しかし、その数時間後、郊外の廃病院で爆発が起きたのである。証拠が次々と出てきたため、
電話の男はすぐに逮捕されたが、自分は間違いなく百貨店に仕掛けたと言って聞かなかったという。
518 名前: ◆ldIBuAcZTY 投稿日:04/12/14 18:28:56 ID:kN8M7YCt
信じようと、信じまいと―

1983年、徳島県。ビルの建設工事中、地下に縦横1m、高さ1.5m程の古い石室が発見された。発見時、
石室は完全な密室状態であったという。形状や規模から即身仏となるために作られた石室であるとの
見解が為されたが、内部に遺体や即身仏は見られなかった。又、奇妙なことに、石室内部の床には、
まだ乾ききっていない大量の血液が付着していたという。
519 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/14 20:02:27 ID:A2RUJqjj
信じようと、信じまいと―

1998年8月20日兵庫県の深い森にて、ある大学の研究チームが古い小屋を発見した。
中は埃まみれで生活の痕跡はなく、物も大きな壺が一隅に一つあるのみだった。
壺の中は真っ暗で、底も見えない。疑問に思った一人が石を放ったが、音はかえってこなかった。
よく見ようと顔を近づけたところその男も突如消えてしまい、現在も行方不明である。
524 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/15 16:54:58 ID:DCaF6Qa2
信じようと、信じまいと―

1890年代メキシコで子供たちに毎日お菓子をくれる、一人暮らしの老人が居た。
老人は20年間ほぼ毎日お菓子を配っていたが、ついに死んでしまった。
その後老人の家を検めてみると、食材のようなものは一切無く、また、誰もその老人に食事の世話をした人は居なかったのだ。
はたしてあの老人は何を食べ、何を子供たちに配っていたのだろうか?

信じようと、信じまいと―
530 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/16 21:11:14 ID:xzYoAL6z
信じようと、信じまいとー

足を動かさない状態の時、両足を紐で縛っている男がいた。
そうしていないと魂が身体から浮いてしまうので、こうしてつなぎ止めているという。
それを聞いた友人が彼の家に泊まったその夜、彼の寝室に忍び込みその紐を切ってしまった。
翌朝彼は亡くなっていた。
540 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/20 15:25:32 ID:l4towWLa
信じようと、信じまいとー

失調症患者の描く絵は、派手な色使いと画面を覆い尽す模様が描かれることが多いという。
それを聞いた画家が、派手な色使いの細かい模様が覆い尽す自画像を描いた。
その奇抜な絵に人々は驚き、彼は一躍有名になった。
だがそれから後ほど、彼の言動はおかしくなり、そしてついに失調症患者になってしまった。
541 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/21 00:07:52 ID:VDWRVbPZ
信じようと、信じまいと―

1970年代の関西地方。一人娘を交通事故で亡くした母親が遺品を整理していたとき、
娘の部屋からまったく見覚えのない薄汚れた日本人形が出てきた。母親はそれを
知り合いの美術商に見てもらうために預けた。数日後、帰ってきた鑑定結果は
どう考えても人形は人骨でできているとしか考えられないとのことだった。
544 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/22 15:02:33 ID:hgd+phK1
信じようと、信じまいと―

1980年頃、ある葬儀屋が一つの依頼を受けた。
いよいよ火葬を行ったのだが、なぜか窯の中から幼い声が聞こえる。
窯を開けると燃え盛る炎の中から赤ん坊が見つかった
家族はごく普通に、今燃やされていたはずの祖父の名を叫んだという。


信じようと、信じまいと―
546 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/22 21:09:54 ID:3g/vchpO
信じようと、信じまいとー

「言葉」を喋ろうとしても、どういうものか思い出せない、という部族がいた。
彼らの村の中心には、一年中青々とした、立派な木がそびえ立っていた。
だがある日ハリケーンが来、雷が落ちてその木はまっ二つに割れてしまった。
その直後彼らは「言葉」を思い出したという。
568 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/12/26 14:48:04 ID:JHlKD4hY
信じようと、信じまいと―

1975年、メルキス一家はTVで映画「SOSタイタニック--忘れえぬ夜--」を見ていた
メルキス一家はみなTVに釘づけになっていた。
そしてクライマックスを迎え、家族は全員大きな叫び声をあげた。
まさにタイタニック号が氷山にぶつかろうかという瞬間、家の屋根を突き破って巨大な氷塊が落ちてきたのだ。
601 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/01/01 23:37:24 ID:kJ71uzCt
1945年9月10日アメリカ、コロラド州フルイタのある農家。
そこでその日のオカズとなるべく、ある鶏は首を切断された。しかし首を切られた鶏は
他の鶏と同じようにエサをつつき、羽を取り繕う仕草をはじめ、その後18ヶ月間にわたり生き続けた。
「非常に頑健な素晴しい鶏だった。首が無い事を除けば」と後に飼い主は語った。

信じようと信じまいと--
607 名前:大槻教授 投稿日:05/01/03 22:00:03 ID:JHVqamq+
信じようと、信じまいと─

1901年8月10日、イギリスのケンブリッジ大学の
シャーロット・モーバリー学長は副学長と一緒に、
ベルサイユ宮殿を見物していたところ、庭を歩いているうちに
時の流れをさかのぼってしまい、1789年10月15日、
フランス革命真っ最中の光景を見てしまったという。

後に9年間の調査でこれが実証された。

信じようと、信じまいと─
608 名前:大槻教授 投稿日:05/01/03 22:14:06 ID:JHVqamq+
信じようと、信じまいと─

1945年2月21日、ボストンの公共保健病院に
かつぎこまれた男が自分は過去から来たのだと主張した。
その男は、自分は1850年代のイギリスの水兵だと言う。
後に、その男の言葉を裏付ける資料がいろいろ発見された。

信じようと、信じまいと─
672 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/09 01:24:29 ID:AseOXUju0
信じようと信じまいと―

埼玉県桶川市にある玉之瀬神社の縁結び効果は絶対のものであり、
一心に願えば、ある代償と引き換えに必ずや相手は自分の虜になる。
だが、この神社に祈願して成立したカップルや長続きしたカップルは一組もない。
何故なら求められる代償は『祈願者が相手を恋い慕う気持ち』だからだ。
612 名前:大槻教授 投稿日:05/01/03 23:03:06 ID:JHVqamq+
信じようと、信じまいと─

1883年8月27日の深夜、「ボストン・グローブ」の夜勤デスク
だったエド・サムソンは、うたた寝をしてプラレイプという名の火山島
が大噴火を起こすという夢を見た。その夢があまりにも克明だったので
サムソンは内容を紙に書き留めておいた。翌朝、編集長が特ダネ記事と
誤解して第一面に掲載してしまった。次の日、ジャワ島の西にあるクラカトア
という島が大噴火を起こしたというニュースが飛び込んできた。
プラレイプというのは、150年以上前に使われていたクラカトア島の古名だったのである。

信じようと、信じまいと─
613 名前:児玉達矢 ◆LsFjO0g2Dk 投稿日:05/01/04 19:25:09 ID:HZtpLxvM
信じようと信じまいと――――

2003年5月20日の深夜、シカゴ在住の少年ブライアン(9歳)は自分が宇宙船の内部で
天文学の講義を受け、月や火星をデジタルカメラで撮っているという夢を見た。
夢から覚めた少年は、急いで自分のデジタルカメラを調べると、そこには自分が夢の中
で撮った月や火星の画像が数十枚にわたって収められていた。


信じようと信じまいと―――――
640 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/01/18 00:12:16 ID:hsYHFa0T0
信じようと、信じまいと―

中央アジアのある地域には「ナワ高原」という名の湿地帯が、そして「チナ沼」という
名の高原がある。地質学者が調べたところ、「チナ沼」には高原にも関わらず
地層から貝類が出土し、大規模な地殻変動を示すものだと仮説が立てられたが、
湿地帯の「ナワ高原」には広範囲に無造作にえぐり取られたような痕跡が見つかったという。
660 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/01/27 22:48:41 ID:XV+COUtE0
信じようと、信じまいと―

石鹸工場で行方不明になった人がいた。
ある博士が水酸化ナトリウムの桶の脂肪分を測ってみたら
だいたい人間一人分だったそうな....
668 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/08 01:25:32 ID:fCyyMsb/0
信じようと信じまいと―

とある古書店で【あなたの人生】と書かれた本を買った男がいた。
驚く事に、本の主人公が辿る人生は男のそれと全く同じだった。
気味が悪くなった男は、急いで本を焼却処分した。
数日後、男は謎の火災で焼け死んだ。
672 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/09 01:24:29 ID:AseOXUju0
信じようと信じまいと―

埼玉県桶川市にある玉之瀬神社の縁結び効果は絶対のものであり、
一心に願えば、ある代償と引き換えに必ずや相手は自分の虜になる。
だが、この神社に祈願して成立したカップルや長続きしたカップルは一組もない。
何故なら求められる代償は『祈願者が相手を恋い慕う気持ち』だからだ。
679 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/12 18:24:41 ID:EXEJGnLt0
信じようと信じまいと―

本は作ることができる。
大量の本の山に何も書かれていない本を1冊混ぜ、長期間放置する。
すると、何も書かれていない筈の本に文章が書かれているという。
歴史ある図書館には、そういった本が必ず有るのだという。

信じようと信じまいと―
722 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/20 03:48:42 ID:lq4c+DXH0
信じようと、信じまいと―

福岡県の某中学校で1クラス全員(担任含め33人)が首吊り自殺する事件があった。
しかし何故かマスコミでは報道されず、街BBSや地元のプロパイダの掲示板の
その事件についての書き込みがことごとく削除された。
近所に住んでいるその学校の生徒も、事件のあった校舎には入れなくなっており
教師からも調査中としか言われていないからわけがわからないと言っていたという。
727 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/21 09:06:33 ID:tQdfwPkm0
信じようと、信じまいと――

我々は解脱することができる。ある資料によれば、我々が死後六道を転生するのは悪行に
よって業が積まれるからであり、苦行によってこれを消滅させれば梵我一如の境地に達して
輪廻から解放されるのだという。さらに驚くべきことに、インドでは数千年前からこの事実が
知られており、今この瞬間にも苦行に励む人々がいるという。

信じようと、信じまいと――
728 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/21 20:52:44 ID:zYA230c50
信じようと、信じまいと――

我々はロアを書いてもらってているのではない
いや、我々が自分の意思で書いているのでもない
この世に存在する無数のロアが突如頭に飛び込み
その存在を示すため我々は書かされているのである

信じようと、信じまいと――
730 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/21 23:22:01 ID:ufomBghi0
信じようと、信じまいと――

1945年に原爆実験をされたのはプルトニウム型原爆であり、広島に
落とされたウラン型原爆は一度も実験をされていない。終戦後まもなく
科学者達は核分裂理論の式に致命的な誤りを発見し驚愕する。
その誤りによれば広島型原爆はどうあっても爆発するはずが無かったという。
734 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/24 01:19:15 ID:d5Xll0Ze0
信じようと、信じまいと――

1970年頃、100年カレンダーというものが発売された。
それはその年から100年分のカレンダーが1枚のポスターになったものだ。
そのカレンダーを見て何人もの人間が自殺してしまった。
理由は、そのカレンダーの中のどこかに自分の死ぬ日が必ずあるから、とか。

信じようと、信じまいと――
738 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/24 10:22:56 ID:kkKNjBUeO
信じようと、信じまいと―

一人暮しを始めて二年目になる男には、奇妙な悩みがあった。
いくら部屋を掃除しても翌朝になると、自分の髪ではない長い髪が床に落ちているのだ。
彼はあまり外出しなくなり、仕事も辞めた。
ある日彼が死んでいるのが見つかった。彼は髪で作られた縄で首を吊っていたのだ。
740 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/24 17:59:08 ID:Z2X81jjQ0
アメリカに住むある男性は、健康のために「腐敗した生肉」を常食している。
イヌイットの習慣に学んだもので、試してみると実際に体調が良くなったのがきっかけと言う。
現在彼は、腐った生肉健康法なる本まで出版し、その普及に努めているが、
「広い屋外で食べること。さもないと部屋に腐臭が染み付くから」と警告することも忘れない。

信じようと、信じまいと―
742 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/02/24 19:23:17 ID:7KZeureb0
信じようと、信じまいと――

なお現存する100年カレンダーはわずかに十数枚だが、どのカレンダーも
誤植か落丁か、100年分の日付の中から一日だけ欠いている。
ただこのカレンダーは一度しか作成されなかったはずであったにも関わらず、
どの日を欠いているかはそれぞれ異なっているという。

信じようと、信じまいと――
755 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/03 18:21:19 ID:tX2OVM5T0
信じようと、信じまいと―

1992年の夏のある日、それまで拒食症に悩まされていた男が、とつぜん食欲を取り戻した。
男は狂ったように食べ続けたが、7日目の朝にパタリと死んでしまった。
男の過食の話を聞いた検死官は青ざめた。死因は餓死だったからだ。
彼の検死報告によると、やせ細った男は少なくとも1ヶ月は何の栄養も取っておらず、
胃にも腸にも食べ物が通った痕跡はなかった。男は何を食べていたのか
758 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/11 00:01:54 ID:XX+jOMGS0
信じようと、信じまいと―

使わない鏡台に布がかけられているのには、理由がある。
埃の付着を避ける為でもなければ、曇りを防ぐ為でもない。
――――向こう側から覗かれるのを防ぐ為である。
759 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/11 00:02:56 ID:XX+jOMGS0
信じようと、信じまいと―

とある男の話である。
彼はよく一人で居る時に髪を引っ張られるのだという。
周りを見渡したところで誰が居るわけでもなく、引っ掛かるような物も無い。
帽子を被っている時でさえ、内側で髪を持ち上げられることがあるという。
760 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/11 00:04:09 ID:hFqgPzHj0
信じようと、信じまいと―

一人暮らしといえども人の生活する空間である以上、ゴミは溜まる。
部屋のそこかしこに散らばる髪の毛などは、まさにその際たる物である。
―――でもちょっと待って欲しい。部屋の隅、冷蔵庫の裏、箪笥の上。
あなたの移動した覚えが無い場所にまで、それらが落ちてはいないだろうか。
764 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/11 07:36:52 ID:ER+LG0UZ0
信じようと、信じまいと―

1973年、ノースカロライナ州に住んでいたトーマス・リンドは25歳の時に統合失調症を発症した。
『誰かが見ている』といつもおびえていた彼は、最期には家中の鏡を割って、その破片で喉を裂いて自殺した。
だが不思議な事は、その割られた鏡の数が511枚と尋常な数ではなかったということ、
そしてトーマスがいつそんな数の鏡を買ったのか、なぜ買ったのか、は誰も知らなかったということだ。
769 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/11 18:38:34 ID:GIu3Njs00
2003年、韓国で、人気のオンラインゲームに熱中していた一人の少年が
「俺はずっとこの中にいることにする」と言って自殺した。
ゲームは遺族を通して解約されたが、その後も彼の名前でたびたびログインがあるらしい。
現在会社側は、悪質な不正アクセスとして調査中である。

信じようと、信じまいと―
770 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/11 18:40:13 ID:GIu3Njs00
メッセンジャーをしていた女性が、戯れに自分のIDで検索をしてみた。
するとおかしな事に自分の他にもう一つ同じIDが検索された。
話しかけてみると、相手は性別も年齢も名前も自分と同一の人物で、
さらに住所さえも全く同じであった。部屋の造りも、今座っている場所も。

信じようと、信じまいと―
775 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/12 00:15:44 ID:qb8IY0Ul0
信じようと、信じまいと―

中学、高校、人によっては大学でも「数学」を学んだだろう。
40年ほど前、ある学生が戯れに 1+1=0 が成り立つことを証明してしまった。
その翌日、黒服を着た男が学生の前に現れて、
それに関する事実の一切を放棄し忘れるように迫ったという。
776 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/12 00:27:01 ID:qb8IY0Ul0
信じようと、信じまいと―

絶対に口にしてはいけない言葉という物があるらしい。
しかしその言葉がどの言語でどのような発音なのかは誰も知らない。
また、口にしたからって何が起こるのかも分からないという。
一説では一番最後の人間が死ぬ間際に残す言葉だとも考えられている。
777 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/12 00:35:21 ID:qNoUcJxy0
信じようと、信じまいと―

男は友人に、「俺の買った家にタイムマシンがある部屋がある」と言って来た。
男は疑いながらも友人とそのタイムマシンのある部屋に入った。
すると真っ白な部屋がそこにあった。男は訳もわからず周りを見渡すと、一冊のノートが落ちていた。
一緒に入ったはずの友人が消えていた。彼はタイムマシンに乗ったのだろうか

信じようと、信じまいと―
778 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/12 00:35:59 ID:qNoUcJxy0
信じようと、信じまいと―

ここに一冊のノートがある。タイムマシンと表紙に書かれたノートが。
ノートには、タイムマシンで時間旅行したということが書かれていた。
そして、「タイムマシンのつくり」と書かれたページがあるのだが、そのページだけ黒く塗りつぶされていた。
最後のページに一言、明らかに前のページと違う筆跡で「タイムマシンは存在しない」と書かれていた。

信じようと、信じまいと―
784 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/14 23:05:50 ID:ngvdxP650
信じようと、信じまいと―

鏡と鏡を合わせると、鏡達はどこまでもお互いを映し合う。
曇りのない鏡は、自分も相手も欺いたりはしないからである。
しかしこの世には、合せ鏡という現象を起さない鏡が存在する。
――それは、人間の目である。
785 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/14 23:06:21 ID:ngvdxP650
信じようと、信じまいと―

夢というものは、不思議なもの。
例えば、今まで見た夢を思い浮かべて欲しい。
何人かは、そこに自分が映っているはずである。
ではそういった夢は、一体誰の視点で見ているのだろか?
790 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/17 12:15:46 ID:yRafmX1Y0
信じようと信じまいと―

ある田舎で年に一度か二度くらい交通事故が起きる交差点があった
死亡事故は発生しなかったが危険なので信号を付けるように警察に訴えた
しかし聞き入れてもらえず仕舞いには「三人くらい亡くなる事故が起これば付けますよ」と言われた
一週間後、県外ナンバーの車が事故を起こし信号は設置された


信じようと信じまいと―
791 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/17 15:46:06 ID:LTUMAqlw0
信じようと、信じまいと―

徳川家康の配下として活躍した井伊直政。
彼は元々外様の出であったために功に逸り、全身傷だらけであった。
しかし、1602年に彼が死去した時、死体から全身の傷が消えていたという。
8年後、同じく徳川家康の配下として活躍した本多忠勝が死去した。
彼は生涯五十七度の戦に出て身に傷を受けたことがなかった猛将である。
しかし、彼の死体は全身傷だらけであった。
死ぬ直前、彼が臥せっていた時に体を洗った時には傷一つ無かったはずなのに・・・・


ちなみに井伊直政と本多忠勝は仲が悪かったという。

信じようと、信じまいと―
799 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/18 00:01:19 ID:LCKLv8eZ0
信じようと、信じまいと―

1867年フランスの探検家が、ある原始的な生活をおくる部族を訪ねた。
贈り物として持参した大きな鏡は大変喜ばれ、歓迎の宴が開かれた。
翌日探検家は族長に「あの料理は何の肉だったのか」と尋ねたところ、
族長は「あなたが贈ってくれた不思議な水面で取れた生き物の肉だ」と答えたという。
探検家は何の肉を食べたのであろうか。
800 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/18 00:56:02 ID:19Wp1A900
信じようと、信じまいと―

以前歌舞伎座で怪談物が上演された際、客席上を7個の人魂が飛んだ。
しかし、小道具係りが用意していた人魂は6個であった。

信じようと、信じまいと―
802 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/18 11:10:38 ID:duPBiLhL0
信じようと、信じまいと―

家に帰るとカギがかかっている。何度チャイムを鳴らしても出ない。
ノックしても電話をしても誰も出てくれない。
カバンからカギを取り出し、ドアを開けると家族は夕食を食べていた。
いつものように笑顔で「おかえり」。

信じようと、信じまいと―
818 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:05/03/21 02:52:28 ID:Ped4QQDP0
ある小学校の、屋上へ続く階段の踊り場に、たびたび大便が落ちていることがあり、
イタズラに腹を立てた教師が、屋上への階段を封鎖してしまった。
しかし完全に封鎖しているにもかかわらず、大便は翌朝また落ちているのだった。管理していた教師はノイローゼに。
その小学校は、以前「運子」という名の女子生徒が、名前によるいじめを苦に自殺していた。
そう、あの屋上から飛び降りて。

信じようと、信じまいと―
820 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/24(木) 16:01:45 ID:+fsqIeix0
信じようと、信じまいと―

飛び込み自殺の多い新宿中央線。
駅員らにひそかに囁かれる「スズキコウスケ」という名がある。
昭和期に無縁仏として埋葬された人物なのであるが・・・
今でも年に数回駅員たちは彼の死体を片付けるのだという。

信じようと、信じまいと―
821 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/24(木) 16:11:52 ID:+fsqIeix0
信じようと、信じまいと―

ノルウェーのオスロに気難しい陶芸家がいた。
生涯に壊した作品の数は5千を超えるといわれている。
死後、彼を偲んで広場に彼の胸像が建てられた。
しかし不思議なことに次の朝には自壊していたという。

信じようと、信じまいと―
827 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/25(金) 18:31:45 ID:VAMotATz0
信じようと、信じまいと―

ある大学で数学を教えていた教授が、学生たちを前にして
「確率」のごく判りやすい例として、コインを放り投げて裏
が出るか表が出るか、やってみせた。すると…
 投げられたコインは裏も表も出さず、床の上で立ってしま
ったそうな。こんなことの起きる確率は、何十億分の一であ
るか…

信じようと信じまいと―
828 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/25(金) 22:11:40 ID:TEJl3HTG0
信じようと、信じまいと―

16世紀、カリブ海のある島にスペイン人が探検にやって来た時、彼らは
不思議な海鳥のコロニーを発見した。
海鳥たちはオウムのように人の言葉をさえずっていたのであるが、それは
栄華を極めたインディオ文明の歴史を口承にしたものだった。
スペイン人たちは海鳥に言葉を教えたインディオ文明をやっきになって探した。
しかし周辺の島々には歴史はおろか文字すら持たない未開のインディオばかり
住んでいた。
落胆するスペイン人に一人のインディオがこう言った。
「我らの言葉はその鳥の鳴き声を真似て生まれたのだ」

信じようと、信じまいと―
832 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/26(土) 18:03:26 ID:Tz0U9tHw0
信じようと、信じまいと―

アメリカのある田舎町で起きた事件。
ある朝、目覚めたジョージは鏡をのぞき仰天した。
自分が映っているはずの鏡に、友人のビリーが映っていたのだ。
ジョージはあわててビリーに電話をすると、ビリーは震えた声でこう言った。
「今、俺がのぞいている鏡におまえが映っている。」

信じようと、信じまいと―
839 名前: ◆VugHGRslZ2 投稿日:2005/03/27(日) 02:17:10 ID:mXWUQByI0
信じようと、信じまいと―

アメリカ、ジョージア州のオークバレーという町でショッピングモール建設中に大量の古びた墓石が出土した。
墓石の数は583基。氏名、生年月日はすべてばらばらだったが、没年月日はすべて同じ日−1838年4月1日−であった。
さらに奇妙なことに、付近からは1体の人骨も出てくることは無かった。
1830年代当時、この付近一帯は森林で集落が存在した記録はないという。
841 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/27(日) 18:22:15 ID:NYH+F+tU0
信じようと、信じまいと―

アメリカ大陸への移民の初期、約100人のイギリス人がロアノーク島に移住した。
一人が本国へ報告に行き、しばらくして戻ってくると全員が消えていた。
そこには「CROATOAN」と意味不明の言葉が書かれた木が残されていただけだった。
100人のイギリス人に一体何が起こったのだろう?

信じようと、信じまいと―
842 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/27(日) 18:49:23 ID:NYH+F+tU0
信じようと、信じまいと―

この世界は円盤状で、太陽は地球の周りを回っていると頑なに信じた男がいた。
彼は自説を証明するために、世界の「端」を探しに南極に探検に向かい、遭難してしまった。
しかし、彼の死の前日の日記には、ついに「端」を見つけた事への喜びが綴られていた。
その「端」が写っているはずのカメラは、ケースが外れフィルムは全て感光してしまっていた。
彼は世界の「端」を見たのだろうか?

信じようと、信じまいと―
843 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/27(日) 19:17:54 ID:NYH+F+tU0
信じようと、信じまいと―

中世ヨーロッパで黒死病が猛威を振るっていた時、ある街で一人の医師が活躍した。
細菌の存在が知られていない時代にも関わらず、彼は火葬を推奨し、強い酒で消毒を行うなど、
科学的に見て正しい処置を行い、その街のペスト禍を鎮めることに成功した。
その医師の名前は、ノストラダムス、である。

信じようと、信じまいと―
849 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/28(月) 01:37:48 ID:4fZLeyxE0
信じようと、信じまいと―

マリアナ海溝のチャレンジャー海淵の深さは10920±10mであり、世界最深の海である。
ところがチャレンジャー海淵の最深部を超えて潜行した潜水艇があるという。
1961年ロシアのカラエフ号は12710mを記録しているが、この記録は国際的に認められていない。
聴音による音響測深であったことと、11900m付近で無線機がSOSを傍受したという報告書のためである。

信じようと、信じまいと―
850 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/29(火) 02:12:06 ID:qXJAtQMm0
信じようと、信じまいと―

マインツの大司教ハットー鏡い蓮∪称顳坑隠看の飢饉のときある事件を起こした。
貧しい者達を食事を与えるといって集め、納屋に入れ、納屋ごと焼き殺したのだ。
彼は、この者達は天国で安らぎ、神は犠牲を受け入れて豊作をもたらすと説明した。
数年後、彼はネズミの大群に襲われて食い殺された。

信じようと、信じまいと―
851 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/29(火) 02:19:43 ID:qXJAtQMm0
信じようと、信じまいと―

冒険家リーチは、1911年にナイアガラの滝をタルに入って落下するという冒険をした。
誰もが彼の命は無いものと思ったが、彼は生き延びた。
彼は世界一周の講演旅行に出かけ、そのときの冒険を語った。
しかし講演の最中にバナナの皮を踏んでころび、頭を打って死亡した。

信じようと、信じまいと―
852 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/29(火) 02:31:38 ID:qXJAtQMm0
信じようと、信じまいと―

エリザベス1世の時代、哲学者ベーコンは食料の冷凍保存を考案した。
彼は街の通りで、鶏を買ってきて殺して割き、中に雪を詰めるという実験を行った。
厳冬のさなかのこの実験のため彼は風邪をひき、こじらせて肺炎で死んだ。
それ以来、その通りには幽霊が出るという。ベーコンではなく、鶏の。

信じようと、信じまいと―
861 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/30(水) 02:50:07 ID:F3Lm/Gla0
信じようと、信じまいと―

ルネサンス期の解剖学者ヴェサリウスは、生涯に数百体の遺体を解剖した。
当時、解剖用の遺体は、埋葬されたばかりの新鮮なものを墓場から盗掘して使っていた。
ある日彼が遺体を解剖していると、遺体が突然息を吹き返し、勝手に切り刻むなと怒り出した。
彼はそのショックで心臓麻痺を起こし、死んだ。

信じようと、信じまいと―
863 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/30(水) 03:04:57 ID:F3Lm/Gla0
信じようと、信じまいと―

19世紀、外科医リストンはけが人の足をあっというまに切断する早業で有名だった。
しかし、あまりに速すぎて他の部分も切ってしまうことも多かった。
ある手術のとき、患者の足と一緒に助手の指を切り、慌ててしまい近くにいた見学者のωも切ってしまった。
患者と助手は傷口が化膿して死に、見学者はその場でショック死した。

信じようと、信じまいと―
876 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/03/31(木) 02:35:19 ID:Bk5f9cm90
信じようと、信じまいと―

1970年代、中国南部で短い尾を持った人間に似た生物が捕えられた。学者は研究の結果、
この生物を猿であると断定し、マオゴングと名付けた。この猿が雪男のモデルではないかと推測もあった。
80年代後半、神経衰弱になったマオゴングは、檻の中で首を吊って死亡した。
この生物は本当に猿だったのだろうか。
884 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:アンゴルモア暦06/04/01(金) 21:48:39 ID:4IgWgfl80
信じようと、信じまいと―。

1965年、アメリカのある女性は「少しだけ時間の進んだ自分」が見えていたという。
喫茶店に入ればすでにコーヒーを飲み終えた自分が座っており、
風呂に入れば浴槽から上がった自分とすれ違った。
ある日、この女性が道を歩いていると曲がり角の先に自分が倒れている。
それを見た女性は来た道を急いで引き返した。
それ以来、女性がもう一人の自分を見ることはなくなったという。

信じようと、信じまいと―。

このファイルについて

Copyright © 2004-2011 ENDE @トリップ失念, Almost rights reserved.