信じようと、信じまいと―

ナビゲーション

Nameless-8

9 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/16(金) 00:04:12 ID:x9YNGpdtO
信じようと信じまいと―

砂漠の昆虫には暑さと乾燥を防ぐために砂の中に潜る種がある。
アフリカの砂漠に、同じように砂の中で日中を過ごす民族が居住している。
彼らは、長らくそのような生活をしていたためだろう、指先は硬く尖った形をしている。
ところで、処女膜は人間とモグラにしかない。

信じようと信じまいと―
17 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/16(金) 00:56:23 ID:NKJvBwhj0
信じようと、信じまいと―

アフリカ中部に、牛や馬、果ては人間に至るまで、食べるものによって「食べる」という言葉を
使い分ける地域がある。1980〜83年にかけて、言語学者シェリング教授を中心として、
地域内の言語調査が行われた。結果、その部族が「空から神が訪れた」との伝承を持つ場合、
何を食べる際に使うのか分からない「食べる」の数が、際立って多いことが判明した。
18 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/16(金) 00:57:06 ID:NKJvBwhj0
信じようと、信じまいと―

1963年、ブエノスアイレスに寄港した客船の貨物室から、持ち主不明の荷物が見つかったことがある。
古びたトランクで、ネームタグにはA.Lindnerとの署名があったが、乗客には同名の人物はいなかった。
その後の調査で、新造当初貨物室は客室であり、1943年の航海中、アルバート・リンドナーなる人物が
行方不明になっていることが分かったが、なぜ荷物が20年間も発見されなかったかは謎のままである。
19 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/16(金) 00:57:57 ID:NKJvBwhj0
信じようと、信じまいと―

香港の一角に、通称「見上げる人々」と呼ばれる一連の彫像がある。空に目を向けている人物像が
何カ所かに配置されているだけなのだが、一様に無表情なため地元ではあまり人気はない。
彫像の近辺は飛び降り自殺が多い地域としても知られているのだが、自殺者が飛び降りるのは、
決まってそれぞれの像の視線が注がれるビルの屋上からであることが知られている。
20 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/16(金) 00:58:41 ID:NKJvBwhj0
信じようと、信じまいと―

1932年、ソ連のチェレムホボ炭田で、試掘に赴いた炭鉱夫たちが行方不明となる事件が起きた。
一人だけ戻ってきた者がいたが、全身に大量の返り血を浴びており、殺人容疑で逮捕された。
ところが、取調べ後,当局は周囲を封鎖。そのまま数日後、ガス発生を理由に試掘抗入口は爆破された。
逮捕された炭鉱夫は結局釈放されなかったが、奇妙なことに国から表彰されたとの記録が残っている。

信じようと、信じまいと―
21 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/16(金) 01:43:08 ID:DTZgbeaS0
信じようと、信じまいと―

杉並区の在るところに、新築ながら数ヶ月しか人の居着かない部屋があるという。
その部屋は、天井に子供の落書きがあるそうだが、子供はおろか大人でさえも
背伸びしても届かない所に描かれており、消しても次の日には新しい落書きが
何時の間にか描いてあるという。

信じようと、信じまいと―
34 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/16(金) 19:45:55 ID:oBxm3MCh0
信じようと、信じまいと―

まつげが抜けると、そのたびに目に入って痛い思いをしていた人がいた。
しかし刺さったまつげは取れていないはずなのに、いつの間にか、目の痛みは収まっている。
だが、ある日目の奥が痛み出したので、急いで医者でレントゲンをとると、目の奥に何かがあると言われた。
手術をしてみると、今まで抜けたであろうまつげが、一塊になって出てきたそうである。
39 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/17(土) 14:33:04 ID:jxlItoCI0
>>38
 んじゃまぁ、>>34みたいに書いてみるべ。


信じようと、信じまいと―

東京駅の地下には、何故か全く使用されていない部屋が存在する。
そこへのはドアは固く閉鎖されているが、壁の長さから鑑みるにかなり大きな部屋だ。
不思議に思った駅員が青地図を探し出し、その部屋の場所を確認してみた。
だがそこには大きく「魔よけ場」と書かれている以外、何の説明も無かったそうだ。


将門の首塚の前にある会社「○○」では、不思議な社則が存在する。
全員の机が首塚に向かって配置してあり、まるで学校のように皆並んでいる。
これは先で述べた通り「社則」として決められているもので、社長も例外ではないと言う。
社員全員何故かこの社則には納得しており、違反する者は居ない。


あとはまぁ、「TDLの地下に秘密カジノがある」とか「サーカスと人攫い」とか、細かいの諸々。
43 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/17(土) 15:35:56 ID:6/C1ar740
信じようと、信じまいと―

長野県の某印刷会社に勤めるA氏は、名刺フォルダーの中に見知らぬ名刺が幾つか収めれているのに気が付いた。
名刺に書かれていた電話番号にかけてみたが、現在は使用されていないというアナウンスが返るばかり。
どの名刺の裏にも「Aさんの娘さんは可愛い。10年後が楽しみです」と書かれていた。
だがA氏に娘はいない。妊娠したと分かったばかりの妻はいたが。
51 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/17(土) 19:42:11 ID:1mK16syJ0
信じようと、信じまいと―

ロンドン、カムデンロック界隈にあったとあるホテルの308号室は、「マスターソンの部屋」と呼ばれていた。
1962年と1967年に男が一人ずつこの部屋で失踪し、どちらも姓がマスターソンであった為だ。
経営不振から取り壊しの決まった72年、噂を聞いたヘンリー・マスターソンという雑誌記者がこの部屋に宿泊した。
彼は何事もなく朝を迎えたが、友人には夜中天井を這いずる二つの人影を見たと話した。ホテルから帰った日の夜、自分の家で。
52 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/17(土) 19:44:17 ID:1mK16syJ0
信じようと、信じまいと―

北海沿岸の漁師だったティム・ネイスミスは、ある日猛烈な時化に巻き込まれ、やっとの思いで浜へ辿り着いた。
家に帰ると妻や子供たちの様子がおかしい。ティムは少し前、既に帰って来たと言うのだ。もう一人のティムはその後も現れ続けた。
いつも必ず玄関から疲れた様子で入って来て、「帰ったよ」と言いながら部屋を横切り、洗い場の戸口で消えてしまうのだ。
ティムが死んでから150年近くが経ち、彼の子孫は同じ地所に住んでいるが、今でも度々ティムが玄関から入って来ると言う。
73 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/17(土) 21:08:44 ID:gNPVa2MWO
ロアも投下せずに、議論続けるのも気がひけるので…
有名な話だし既出かもしれんが。

信じようと、信じまいと―
1888年に船舶事故で4人の男が遭難する事となった。
食料も尽き、男達は4人の内の1人、リチャード・パーカーという若者を殺して食す事で食いつないだ。
それより約50年前の1837年、エドガー・ア・ランポーの著者に遭難した4人の男がその中の1人を食す話がある。
話の中で犠牲になった男の名もリチャード・パーカーであった。

信じようと、信じまいと―
112 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 01:00:11 ID:2Bg8P2p0O
信じようと、信じまいと―

日本のある村に奇妙な出来事が書かれた書物が残っている。
江戸時代に空に何匹もの巨大な鳥が現われたというものだ。
その特徴として銀の翼を持ち、鳴き声は長く、よく響き、糞を大量に落としていったと書かれている。
しかしその糞は上空で消え去り、決して見つからなかったと言う。

信じようと、信じまいと―
125 名前:49 投稿日:2007/02/18(日) 12:03:14 ID:WxuX1PpqO
信じようと、信じまいと―
1952年、アメリカ・ルイジアナ州沿岸で飛行機事故が発生し、海中に墜落。飛行機は大破し、捜索の結果行方不明者多数の、絶望的な事故となった。
ところが何週間かのちに、飛行機事故にあい行方不明になっていた乗客全員がテキサス州で保護されたという。
そのとき取材した新聞記者によると、パイロット含め乗客は全員助かった理由について口を閉ざしている。
しかし一人の子どもが「パパ、あの怖い黒い人に何を頼んだの?」と言っていたのをかすかに聞いたという。

信じようと、信じまいと―


なんかもめてるな。
亀レスですまんが>>50
ロアとポエムの違いは、ポエムは一見不思議な事を書いているように
見えるが、実はただの犯罪だったり証拠もないのに「自分は〜だ」と言うだけの妄想狂の話のようだったりすること。
だと思ってる。

あと、文章の誤りは許して、自分で脳内変換汁!出来ないやつこそ日本語勉強汁!

さらについでだが、ポエムだと文句いう前に漏れみたく上に自作のロアを張ってくれ!漏れもこれからそうするから。


携帯から長々とスマソ。批評嫌いなら上のロアだけでも見てやってくれ。
変な改行も大目に見てくれると嬉しい。
127 名前:49 ◆lp03XPxlmE 投稿日:2007/02/18(日) 12:47:29 ID:WxuX1PpqO
信じようと、信じまいと―

神奈川県に住む主婦が行方不明になった事件で、疑われているその夫が面白い告白をしている。
その夫によると、彼女が掃除機の紙パックを代えようとしたところ、
紙パックから出た黒いなにかが彼女を覆い、黒いなにかが消えたときには彼女も跡形もなく消えていたという。
男性は「時々嫁はゴキブリ等の虫を掃除機で吸い込んでいたが、あんなものは吸い込めない」と言っている。

信じようと、信じまいと―
>>126
努力は認める。よく頑張った。明らかに元ネタより面白い。
でも、やっぱりそのネタは無理ぽ。

取り付けてみた。ふつつかものですがこれからもよろ( ´∀`)
133 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/02/18(日) 15:03:13 ID:WJ0rv+350
信じようと、信じまいと―

2003年、西インド砂漠地帯の工事現場で、有り得ない物が発見された。
全長が12メートルを超えようかという巨人の全身骨格で、軍まで出動する騒ぎになった。
調査の結果、カルシウム系化合物からなる人為的な骨格模型であることが判明したという。
しかし一体誰がこんな物を製作し、地下20メートルの深さに埋めたのかは謎のままである。
137 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 15:42:45 ID:O18EB6+50
よく読んだら>>94も指摘済だったね。スマソ。
これだけじゃなんなんでロア追加

信じようと信じまいと─

山陰地方のある温泉宿では、「女湯に覗き男が出る」ということが話題になった。
男が目撃されるのは、いつも南側の柵の上。目が合うと頭をサッと引っ込めてしまうらしい。
それを聞いた温泉宿の主人は、一番の稼ぎどころであっただろう露天風呂を、すぐに閉鎖してしまった。
南側の柵の向こうは切り立った崖で、人が立てる場所ではないという。

信じようと信じまいと─
147 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 19:00:09 ID:502NUHau0
信じようと、信じまいと―

オーストラリアの奥地に、「カーゴ・カルト」(飛行機信仰)を信じる原住民が現存する。
彼らの先祖は空に住んでいて、空飛ぶ機械で彼らに恵みを送ってくれていた筈だった。
だが、近隣に白人が飛行場を作ってしまった為、恵みはそこの白人が全て奪っていると彼らは言う。
今でもなお先祖の恵みを乗せた空飛ぶ機械を、彼らは手作りの飛行機模型と共に待ちつづけている。

(世界残酷物語より)
148 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 19:08:28 ID:502NUHau0
信じようと、信じまいと―

イタリアのピエモンテにあるタベルナ(食堂)で、1匹の猫が看板娘(?)として働いている。
見た感じは普通の黒猫で、碧色の目が愛らしい大人しい猫だ。
だが街の老人が言うには、その老人が小さな子供の頃からその猫は変わらず看板娘をしているとの事。
「この子は店の守り神だよ・・・」店主を始め、猫の素性を知ろうとする者はこの街には居ない。
151 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 19:17:59 ID:502NUHau0
信じようと、信じまいと―

中国の江蘇省には、とても特殊な「芸」を継承する一族が存在する。
現在の当主は李才県。彼の家は代々人前で「首吊り」を披露する事を「芸」としている。
無論「芸」を披露した者は死んでしまうのだが、だからこそ彼の芸を見に中国全土から見物人が集まる。
才県の息子が15歳になる来年・・・それが、才県の芸の披露の年であるとの事だ。
154 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/18(日) 19:31:41 ID:fw56pJvM0
信じようと、信じまいと―

ロンドンの運送会社シルバーライン社は7隻の貨物船に植物にちなんだ名をつけていた。
その1隻サイプレス号は哀悼の象徴である糸杉を名に冠していたが、不吉な名のせいか1937年船上火災を起こす。
半焼した船体はスクラップとして日本に売却されたが再生工事を受け、靖川丸と改名されて洋上に復帰した。
しかしその後日本陸軍に徴用され、大戦中にニューブリテン島に向かう途中で何かを思い出したように突然炎上、全焼した。

信じようと、信じまいと―
170 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 00:02:57 ID:dif4BCL90
信じようと、信じまいと―

戦車という兵器は第一次世界大戦にて英軍によって開発されたが、機密保持のため自軍の兵にも
その正体は知らされておらず、「タンク(給水用の水槽)」の名目で仏北部のソンム戦線に運ばれた。
1916年9月15日、戦車がその正体を現わし実戦投入されるのと同時刻に同行の兵士90名が急病死している。
死因は脱水症状であり、この日稼働した戦車と同じ台数の給水車で丁度この人数分の水が調達できたそうである。

信じようと、信じまいと―
171 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 00:15:24 ID:QgqIuzIS0
信じようと、信じまいと―

ランカシャーのアプルトン卿の第一子は、生まれてすぐに館の二階の窓を閉め切った部屋へ閉じ込められた。
奥方は出産の際に死亡し、卿はメイベルという若い住み込みの召使の他は人を寄せ付けなかったため、館は荒れ果てた。
15年後、卿が死亡し、遺言執行のため館を訪れた甥は子供の部屋を覗いた。部屋には二人の老婆がいたが、
笑うばかりで話もできず、アプルトン卿の子供とメイベルの行方は分からずじまいだった。
172 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 00:16:33 ID:QgqIuzIS0
信じようと、信じまいと―

イースト・サセックスの小さな村にルースという農婦がいた。彼女は奇妙な持病を持っていた。
“ねじれ”(Twist)という単語を聞くと、猛烈な発作を起こすのだ。なぜその言葉に反応するのか、本人にも理由が分からなかった。
ある日曜、教会で説教を聞いている時、新任の牧師は二度にわたって説教の中で「ねじれ」という言葉を使った。
途端にルースは悲鳴を上げて倒れ、何人もの人が見守る前で彼女の身体はぐるぐると捻じ曲がり、終には息絶えてしまった。
175 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:23:01 ID:0eMRu+PnO
信じようと、信じまいと―

1885年の2月9日、英国はデボンにて160kmにわたる奇妙な獣の足跡が発見された。
小さな穴を通っていたり野原で突然途切れていたりと不審な点が多かった。
蹄を持った二本足の動物と推定され、地元の人間は悪魔ではないかと恐れた。
動物が通ったらしい茂みを犬に探させようとすると、みんな怯えて逃げ出してしまったという。
176 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:23:41 ID:0eMRu+PnO
信じようと、信じまいと―

スペインに、売れそうもない風変わりな本ばかりを出版する小さな出版社があったという。
意味をなさない文が書き連ねられたものや何も印刷されていないものがほとんどだったそうだ。
作者も不詳とすることが多かったこの出版社だが、一度だけ爆発的に売れた本があった。
題名は「まったき人生の目録」。売れたにも関わらず、現在は一冊も残っていない。
177 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:24:26 ID:0eMRu+PnO
信じようと、信じまいと―

ある年老いた富豪は、書斎に置いてある立派な棚を一番の自慢にしていた。
抽出しのたくさんついた大きな棚で、彼は来客があると必ずそこへ案内したそうだ。
そして客の欲しいものを尋ね、抽出しからすぐさま取り出して見せたという。
彼の死後に遺品が整理されたが、棚を調べてみると抽出しはみな偽物で開けることができなかった。
178 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:28:00 ID:0eMRu+PnO
信じようと、信じまいと―

山深いところにある村では、昔から続く行事が最近まで行われていた。
大晦日の夜中に、村中の子供が大銀杏まで供えものを届け、一年の安全に感謝するというものだ。
しかし若い村人が村長になったのをきっかけに、この行事は子供には危険として廃止になった。
次の年の元旦、大銀杏が突然姿を消した。銀杏のあった場所には無数の玉虫の死骸が落ちていた。
179 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 03:29:34 ID:0eMRu+PnO
信じようと、信じまいと―

ドイツのとある肉屋では、たくさん肉が倉庫から消えるということが度々起こったそうだ。
ある晩、責任感の強い見習いが、主人の制止も聞かずに倉庫の中で番をした。
翌朝見習いは血まみれになって気が抜けたように立ちすくんでいるところを発見された。
発見した主人によると、彼は小さな排水口を見つめていたという。自分の舌を掴んで。

信じようと、信じまいと―
180 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 09:22:52 ID:jCVJYJmg0
昔の雰囲気に近い方が好きなら、レス返さない方が良いのではあるまいか。

信じようと、信じまいと―

1999年、諏訪湖の漁師が仕掛けていた網に、ある奇妙な魚の大群が入っていて話題になった。
一見シロナガスクジラの様な姿と尾ヒレ、しかし頭部に理由の解らないヒレがあり、そして、
体長は5cmほど。銀色に輝く青魚で、地元の人々も見た事が無いと言う。その現場にいた、
当時の小学生がふざけて「ひなま」と呼んだ事からひなまとされたが。その後は捕まらないと言う。

信じようと、信じまいと―
186 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 14:48:42 ID:YNBh1xYE0
信じようと、信じまいと―

中国の地図は正確ではない、という話を聞いた事はあるだろうか。奥地にある山々は観測隊も入り込めぬほど危険な場所であり、
いつも厚い雲に覆われているため衛星写真も撮れない。そこで25年前、ある調査チームが小型飛行機による空撮を試みた。
順調に撮影は進んでいたが、雲を超えるほどの高い山に遭遇した。この山の高度を測ろうと飛び越えようとしたが山頂が見えない。
「9000mを超えた」という通信を最後に小型機は消息を絶ってしまい、これまで撮影したフィルムも失ってしまったそうである。
187 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 14:49:23 ID:YNBh1xYE0
信じようと、信じまいと―

1960年1月23日、アメリカ海軍の協力を得てピカールが開発した潜水艇「トリエステ狭罅廚縫Εルシュ大尉とピカールの息子ジャックが
搭乗してマリアナ海溝内部を目指し、11521mという人類が到達したなかでも最深記録の達成に成功した。
ただし、この深度については信憑性が薄いとされ、後に10916mであったと修正されている。
信憑性を薄めたのは「計器が有する精密性の問題」の他に、2人が海溝の底で見たと証言する「子供ほどの人影」が原因であろう。
193 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 20:04:59 ID:JwCWvKIG0
信じようと、信じまいと―

昭和51年1月、若狭湾で養殖されている真珠の中から人の指が発見された。
構造上貝の中に異物が混入する事は不可能なのだが、その指の数が38本と多かった為に警察も捜査を開始。
付近の湾岸を徹底して捜索したが、指の無い死体は全く発見されなかった。
なお、当時の最先端技術であった遺伝子鑑定の結果、その38本の指全てが同一人物の指であるという結果が残っている。
195 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/19(月) 20:07:50 ID:uZWQ2nlk0
信じようと信じまいと―


ソ連崩壊により、様々な極秘資料が明るみになった。
ある資料では、冷戦時代のロケット開発等が詳細に書かれていた。

だがおかしなことがある。

打ち上げ成功数と、帰還数が食い違っているのである。

事故など全ての事項を考慮しても、
約10機、20人ほど宇宙飛行士がロケットの打ち上げに成功したのち現在まで帰還していない。


信じようと、信じまいと―
210 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 00:43:06 ID:CaL07HHJ0
信じようと、信じまいと―

終戦直後に流通した「赤本」と呼ばれる漫画本の作家に、福野洞犀という人物がいる。
彼の最後の長編「萬画世界ノ冒険」は、作者と同名の主人公が自作した漫画の世界を
訪れるという物だが、執筆半ばで彼は失踪した。原稿は、主人公がペンを紛失して
元の世界に帰れなくなった場面で中断していたという。この漫画は発売中止となった。

信じようと、信じまいと―
211 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/02/20(火) 01:09:36 ID:s9uUo6wz0
信じようと、信じまいと―

1951年イギリスはダートムアの牧場で、首を切断されて死んでいる羊が数頭見つかった。
周囲の地面の様子から、かなりの大きさがある鋭利な物が高空から降ってき、羊に直撃して
頭部を切り落としたのだろうと判断された。しかし、何が降ったのかは皆目わかっていない。
一説では氷の塊ではないかと言われているが、それも推測の一つに過ぎないという。
217 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 09:27:20 ID:B5wYZ/bx0
信じようと、信じまいと─

「ついに彼女が出来た」と喜ぶ青年がいた。向こうから告白してきたのだという。
友人達は「どうせ脳内設定だろ」「紹介しろよ」と冷やかしたが、青年が彼らに彼女を紹介する事はなかった。
しばらくして「彼女が浮気を疑っている。あんなに嫉妬深いとは思わなかった」と友人達に相談してきた。
翌日、青年は変死体で発見された。司法解剖の結果、脳の内側から刺されたとしか思えない傷が死因だと判明した。
218 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 09:28:57 ID:B5wYZ/bx0
信じようと、信じまいと─

フィリピン船籍の大型貨物船「シーカイト号」は、常に人手が足りない船として有名だった。
欠員がでると、途中で立ち寄る港で「通常の倍以上の賃金」を提示して募集する。
魅力的な金額に釣られて乗り込んだ船員に、船長は必ずこう忠告するという。
「洗濯室の隅にある黒い影には近付くな。あれの誘いに応じたりしたら、また次の港で船員を補充しないとならん」
220 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 16:20:06 ID:SRjjfCp00
信じようと、信じまいと─

1952年。バミューダ海域で消息を絶った日本の漁船「くろひめ」が、海域を抜けた所で漂っているのが発見された。
乗っていた筈の10人の乗員は一人もおらず、ただ航海日誌だけが残っており、そこには海域での状況が克明に記されていた。
海域に入り、磁界が乱れてコンパスが効かなくなり。船長が決断した。「船員の一人を海の神へ生贄に捧げようと思う」。
一人ずつ居なくなり。最後のページは、船長が自分を生贄にする事を決意して終わっていた。

信じようと、信じまいと─
224 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/20(火) 21:57:27 ID:CaBZzOCm0
信じようと、信じまいと―

江戸時代中期の見世物に「釘絵」という物があった。厚い杉板に釘を隙間なく何万本と打ちつけ
一方向から光を当てると、浮かび上がる陰影が絵になっているという物で、多くは地獄絵図だった。
釘の抜けた穴だらけの板が一枚だけ現存するが、元の釘の長さがまちまちだったらしく絵柄は再現できない。
ためしに全ての穴に同じ長さの釘を差し込んでみると、キノコ雲に酷似した絵が浮かび上がってしまうのだ。

信じようと、信じまいと―
234 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/21(水) 21:29:39 ID:ORizC0fm0
信じようと信じまいと─

イタリア・ナポリのとある教会には、二階へ登る螺旋階段がある。
ミサのときなどは皆二階へ上り、そこで祈りをささげるという。
しかし螺旋階段には支えがない。人が上れるはずがないのだという。
今もその螺旋階段は健在であり、みな利用している。

信じようと信じまいと─
235 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/21(水) 22:28:08 ID:eYbvJs+70
信じようと信じまいと─

1961年、米ナショナルジオグラフィックは数万もの墓があるローマ人の集団地下墓地墓の撮影をし、ドキュメンタリーとして放映した。
しかし、とある視聴者が壁の隅に置いてある黒い小さな車輪の置物が回転し続けているが、あれは何かと投書が合った。
映像を解析するとその車輪には「永久に動くもの」というラテン語が彫られていた。
一体このテープがどの墓で撮影されたのかは、今では不明である。車輪は今でも回転し続けているのであろうか?

信じようと信じまいと─
246 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/22(木) 06:02:51 ID:TdR983UsO
信じようと、信じまいと―
ある絵描きの少年が通り魔によって殺害される事件が起きた。
少年は怪我の為に視力を失っていたが、死の間際に犯人の似顔絵を描いていた。
結局、その似顔絵が有力な手掛かりとなり、犯人は逮捕された。
犯行の際、犯人はフルマスクを着用していたはずなのだが。

信じようと、信じまいと―
263 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/22(木) 19:55:59 ID:UVOFqS700
信じようと、信じまいと―

1928年、列強諸国の間でパリ不戦条約が締結された。各国は当初この条約により全ての戦争の放棄を
目指したが、締結直前に方針を変更し「国際紛争解決手段としての戦争」のみ放棄する事で合意した。
だが当時の常識では他国の侵略に対する自衛戦争も国際紛争解決の一形態と数えられていた筈である。
彼等は何者とのどの様な戦争を想定していたのだろうか。この文言は日本国憲法9条にも見られる。

信じようと、信じまいと―
268 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/22(木) 22:10:22 ID:TdR983UsO
信じようと、信じまいと―

ある医師が奇形膿腫の手術をする事となった。
手術は無事成功したが、摘出したものを医師は信じられないでいた。
摘出したものの中から一匹のトカゲが出てきて、捕まえようとすると尻尾を切り逃げて行ったのだ。
興味を持った医師がトカゲの尻尾と患者のDNAを鑑定したところ、DNAは一致したらしい。トカゲのDNAとして。

信じようと、信じまいと―
301 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 03:01:57 ID:Drm25TrT0
信じようと、信じまいと―

1980年代に英国の大学で人類の共通語を作るという試みがなされた。
共通語はある言語を母語とする者が有利にならないよう、あらゆる言語と異なる物でなくてはならない。
そこで、当時の最新式コンピュータが用いられたが、コンピュータのはじき出した一連の結論は
どんな学者も解読できなかった。しかし、何らかの規則性があることは認められるという。

信じようと、信じまいと―
302 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 03:02:47 ID:Drm25TrT0
信じようと、信じまいと―

1960年代に中東のある地区で新バビロニア時代(紀元前6世紀)の石碑が見つかった。その一節には
「私は空を飛んで二つの偉大な川の間にある美麗にして完全なる円形都市を、神のごとき目から見た」
と書かれている。しかし、円形の都市バグダードがティグリス川とユーフラテス川の間に建造されたのは
紀元後8世紀のことである。その後、その石碑は紛争により行方不明になったとされている。

信じようと、信じまいと―
303 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 03:04:55 ID:Drm25TrT0
信じようと、信じまいと―

1946年に奈良県中部で8世紀前半の物と思われる不可思議な木簡が出土した。その木簡は
「十婆天瑠」の連続した4文字のみ判読できた。素直に読むと「トハテル」だが、当時の日本語の
ハ行はパ行として発音された可能性が高く、また、「十」の字は妙に大きく書かれていた。
そのため、「†パテル」とも読める。ところで、paterという単語はラテン語で「神父」という意味がある。

信じようと、信じまいと―
305 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 07:36:30 ID:RRoukq/mO
信じようと、信じまいと―

考古学者のプロレは1958年インドの廃墟となった遺跡の発掘中に直径約1メートルの石球を発見した。

しかし、彼が仲間を呼ぶために目を離した隙に消失。地面には複雑な模様が残されていた。

三日後同じくインド、ニザマバードの広場に同様のものと思われる球体が早朝に突如出現したが、移送中にトラックごと消失。

最近になって、熊本県球磨郡に球体が出現。現在同郡内の神社に安置されている。約50年かけて日本へ移動したのだろうか?

信じようと、信じまいと―
310 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 08:51:36 ID:oyMNIXIj0
信じようと、信じまいと─

とある神社の前で道路改良の工事中、小型のユンボが誤って石造りの鳥居を倒壊させしてしまった。
現場責任者はもちろん工事会社の社長が宮司で平謝りし、早急に新しい鳥居を手配することに。
神社としての体裁以上、新しい鳥居が来るまでは修理した鳥居を立ててくれと、宮司が申し出た。
さっそく組み立てられ、元通りに復元されたのだが───なぜか大きな破片がいくつか余ってしまった。
311 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 09:07:47 ID:oyMNIXIj0
信じようと、信じまいと─

あまり一般には知られていないが、メキシコに「ベストリコの奇跡」と呼ばれる岩がある。
ベストリコという町にあるこの岩は、幅4.7m、高さ2mある。風化してこれなので、元はさらに大きかったのだろう。
それが200年前、とくに何のトラブルも無かった街の隅に突然出現したのだという。
現在では、なぜか「恋人同士で名前を刻むと幸せになれる」という噂が流れ、知る人ぞ知る観光スポットになっている。
313 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 09:32:45 ID:oyMNIXIj0
信じようと、信じまいと─

ギネスに申請されたが、受理されなかった「世界最小の幽霊」がある。
シカゴで宝石職人を営むジョージ・ジェイムストンという男性の目撃証言がそれで、ある日、客の注文を受けて
拡大レンズを覗き込みながら5カラットのダイヤををカットしていると、おかしなものが見えた。ダイヤの中に女性がいる!
ジョージは驚きのあまり声も出ず、彼女が消える2〜3分の間ずっと互いに見詰め合っていたそうだ。
320 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/23(金) 17:39:30 ID:ci1vfcTAO
信じようと、信じまいと―

1975年のアメリカで地下鉄が終点を過ぎても止まらずに駅舎に激突するという事件が起きた。
最初は運転手のミスかと思われたが、奇妙なことに事故現場からは先頭車両が発見されなかった。
さらに大破した車内からは
「先頭車両なんて初めから存在してない、俺達は騙されたんだ!」
そう書き殴られた、乗客の物だと思われるメモ帳だけが見つかった。
その先頭車両とそれに乗っていたはずの乗客達は現在に至るまで見つかっていない。

信じようと、信じまいと―
331 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 01:11:14 ID:fNj9bEtJ0
信じようと、信じまいと―

日本のある高校の昼下がり
授業中に突然爆発音と悲鳴が校内に鳴り響いた
何の痕跡もなかったが不思議なことに学校にいた全員が聞いていた
なお、この学校は聾学校である

信じようと、信じまいと―
340 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 11:10:41 ID:Uzg9/6p+0
信じようと、信じまいと―

昨年5月2日ニューヨークで、一人の少年が行方不明になった。
少年の名前はトム・ディーラー。彼は届出の3日前にダウンタウンで見かけられたのを最後に行方不明となっている。
警察の調べによると、トムは仲間と学校で鬼ごっこをしている最中、1m程の塀を飛び越えた後消えてしまったとの事。
一緒に遊んでいた多数の同級生もその姿を見ており、未だトム少年の行方は全くわかっていない。
341 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 11:18:22 ID:Uzg9/6p+0
信じようと、信じまいと―

2004年3月、埼玉県入間市のデパート婦人服売り場で猟奇的なマネキンが発見された。
店員の一人が誤ってマネキンを倒してしまった際に、なんと倒れたマネキンが割れて中から本物の内臓一式が現れたのだ。
同店を調べた結果、同様のマネキンが少なくとも20体発見されており、埼玉県警では死体遺棄事件として調査中との事。
なお、見つかっているのは内臓だけであり、このマネキン達の詳細は全く以って不明のままである。
342 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 11:28:15 ID:Uzg9/6p+0
信じようと、信じまいと―

カナダのバンクーバーの正統教会で、不思議な現象が話題になっている。
なんと教会右上方のステングラスに陽が射す時、イエス像に祈るような形で立体的な少女が出現するのだ。
この教会が建てられたのはAC800年代と伝えられており、ステンドグラスは当時から嵌めてあったがこんな現象は無かったとの事。
どういう経緯で出現するのか科学的に調べようとする動きもあるが、教会はこの調査を拒否しているそうである。
345 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 14:54:31 ID:8ABFYKaG0
信じようと、信じまいと―

パリ市警は、過去の事件において証拠不十分につき容疑者として
身柄を確保できなかった不審人物を監視し続ける「特定市民観察制度」を
極秘で設けている。事件の時効成立後も監視は継続されるため
中には監視記録が160年に及ぶケースもあるという。

信じようと、信じまいと―
349 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 18:52:22 ID:OlCvET570
信じようと、信じまいと―

1986年吉野ヶ里遺跡発掘の際、その遺跡から出土した物の99%は重要保存物として丁重に扱われた。
しかし、ある一品は不要物として廃棄されたそうだ。遺跡から出てくるのだから、全て重要で
捨てるものなどないはずであるが、研究者は皆が皆それを「不要物」として捨ててしまったらしい。
捨てた理由は「それはその時代にはまず存在し得ないもの」であったからだそうだ・・

信じようと、信じまいと―
350 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/24(土) 20:39:22 ID:upWRIhjz0
信じようと、信じまいと―

ある近江の商家では代々番頭の手で日記がつけられていた。
商売上の些事や店での人事などが記録されており、近世経済を研究する重要な資料となっている。
のみならず日付の下に必ず天気が書いてあったので、気象研究者にも重宝がられているが
一日だけ「光」と記されており、どんな天気かわからない。この日は商いも営まれなかった様だ。

信じようと、信じまいと―
354 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/25(日) 01:17:24 ID:fr1qedY60
信じようと、信じまいと―

都内のある小学校では新年度に必ず転校生が出る教室がある。
不思議なことに、クラスメイトは誰かが転校したことは知っているが、それが誰なのか思い出せないという。
だがもっと不思議なことは、誰かが転校してきたわけではないのに生徒の人数が一人増えているということである。
それが誰なのか、誰も知らない。
356 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/25(日) 09:00:17 ID:+MseI5ks0

2005年8月7日、Washington郊外の病院にPaul Tibbets Jrという22歳の男性.が危篤の状態で搬送された。
男性の症状は重く、医師たちは手の施しようもない状態のまま、3時間後、男性の死亡が確認された。
検死の結果、信じられない事に、彼の体からは大量の放射能が測定され、死因は被爆によるものだと特定された。
当然、一般人である彼が被爆するはずがなく、事態を不審に思った警察は、極めて事件性が高いと判断し、彼の周辺を洗いざらい捜査した。
結局、手がかりとなる物は何一つ掴めず、捜査は打ち切りとなったのだが―彼の愛用していたMacintoshのログには、彼が死亡する前日の8月6日、enola44-86292という名の動画ファイルへアクセスした記録が残されていた。


  信じようと、信じまいと―――
366 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/02/25(日) 21:59:12 ID:40xJy7CN0
信じようと、信じまいと―

1957年、サハラ砂漠で遭難した探検家が奇跡的な生還を果たした。
三週間近く砂中を彷徨ったにしては、健康状態は信じられないほど良好であったらしい。
彼が言うには、時々夕刻に空から金色の髪の毛が降ってき、それを口にしたところ空腹と
咽の渇きが癒されたのだという。彼は一体何を食べていたのだろうか。
367 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/26(月) 01:52:26 ID:SJwwUGVe0
信じようと、信じまいと―

1963年、セントヘレナ号のR船長はその奇妙な体験を次のように綴っている。
4月8日 我々は未曾有の大嵐に遭う。
嵐の中、我々は国籍不明の一隻の船とすれ違う。
奇妙なことにその船は木製であり、船員は一組の家族の他は全て動物であった。
383 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/02/26(月) 22:04:09 ID:EF3lCEYt0
信じようと、信じまいと―

1987年、アメリカはニューヨークに住む独身女性の元に脅迫電話があった。
「お前の子供を誘拐した。身代金を払え」という言葉と、その金の受け渡し場所を告げてから
電話は切れる。間違いで犯罪を知ってしまった彼女は、慌てて警察に連絡したのだが―
指定場所に急行した警官隊が見つけた物は、内臓を抜かれた壮年の男の死体だけだった。
395 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/27(火) 01:20:31 ID:75gwhlPH0
>>384
 自分のロアはありきたりなのか反応薄いので、こういうのでも一寸嬉しかったり。
 周囲の反応を気にするようでは語り部としてはまだまだなんでしょうけど。

信じようと、信じまいと―

熊本県西原村には、昔から伝わる「忘れ草」というものが存在する。
小さく白い星花が可愛い植物なのだが、決められた煎じで飲むと望む事を忘れられるというのだ。
ただし、その煎方は秘伝とされ、村でも村長の一族のみが口伝としているとの事。
なお、草を欲して村を訪れる者は多いが、全員何故か村を出る時には草の事を忘れているそうだ。
401 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/27(火) 17:24:56 ID:llF4U2UZ0
信じようと、信じまいと―

17世紀、東欧のとある地方で、建築物が全て巨大という奇妙な遺跡が見つかった。
掘り出された家具も現在使われている物の4倍はあり、しかも材質が一切不明だったという。
だが調査が進展する前に、その遺跡は戦争で砦として使われてしまい崩壊してしまった。
しかし、そのプラスチックに酷似した材質のスプーンと他数点は今も某博物館の倉庫に残っているそうだ。
407 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/28(水) 00:21:40 ID:yhwMvp5d0
信じようと、信じまいと―

「しんきろう」という本がある。
別に希少なわけではなく、書店でもたまに見かけるがその内容を知るものはいない。
本をみかけ、手に取ろうとして近づくと不思議なことにその本がどこにあるのか分からなくなってしまうらしい。
今日も「しんきろう」は書店の片隅に置かれたままになっている。
408 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/28(水) 08:01:12 ID:d4l+EwBz0
信じようと、信じまいと―

大正時代初期。アメリカと戦争し、精神的に優れる日本が勝利するという架空戦記小説が大流行した。
その中で、ただ1人だけ「物量の差で日本は負ける」という話を書いた「東車 輪太郎」という作家がいる。
彼の小説は(幾つかの差異はあるものの)見事に太平洋戦争の内容を予言していたのだが、当然のごとく売れなかった。
戦後、GHQがこの本の存在を知り調査したが、作者の素性はまったく分からなかったという。
409 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/28(水) 08:20:10 ID:d4l+EwBz0
信じようと、信じまいと―

明治20年、フランスのルアーブルから日本へ航行中だった新造巡洋艦「畝傍(うねび)」が南シナ海で消息を絶った。
沈没した者とみられるが、漂流物がひとつも発見されなかったため、様々な憶測が庶民の間で囁かれた。
その中でも特に信じられたのが「生きのびた西郷隆盛が乗船して帰国してくる」というものだった。
嵐で遭難した漁船が、謎の軍艦を指揮する「鹿児島弁を喋る大柄な男」に助けられたという事件があったばかりだったからだ。
421 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/28(水) 23:03:12 ID:15Fmo2Et0
信じようと、信じまいと―

20年ほど前、骨董屋の間で話題になっていた古いフランス人形がある。
中世の頃に、美しくなろうとした女性が自分の身体の一部を組み込み、その人の魂が乗り移ったものだそうだ。
実際その人形は非常に美しく、店頭に置けば見る人を魅了してすぐに買われていく。
しかし家のどこに置いても翌朝になると鏡の前に移動しているため、気味悪がられてまたすぐに売られるという話だ。
427 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/01(木) 16:48:17 ID:xB5Eaa7l0
信じようと、信じまいと――

1985年のキャラバンで、ひとりの青年が亡くなった。その翌日に葬儀が行われた時、
青年の飼っていた犬が遠吠えをし始め、誰もが主人を亡くした犬が悲しんでいるものだと思っていた。
死体が埋められる直前に遠吠えが鳴きやみ、棺桶の中の青年が生き返った。「誰かに呼ばれた」と青年は言った。
青年の埋められるはずだった墓の横で、先ほどまで遠吠えしていた犬が息絶えていた。

信じようと、信じまいと――
428 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/01(木) 16:49:34 ID:xB5Eaa7l0
信じようと、信じまいと――

江戸末期、猿田和彦は死んだ父親から将棋を学び、御守りとして父親が
大切にしていた王将を肌身離さず持って将棋を指していた。ある日初めて見る老人に誘われ一局勝負した。
猿田が接戦で勝利すると老人が「強くなったな」と一言残して消えてしまった。
老人が消えたあとには将棋の駒が落ちていた。その駒は死んだ父親が大切に持っていた「玉」だった。

信じようと、信じまいと――
429 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/01(木) 16:50:06 ID:xB5Eaa7l0
信じようと、信じまいと――

1975年、ロンドン郊外で2歳になる女の子が行方不明になった。10日後、枯れた古井戸の中で女の子は発見された。
不思議なことに10日間も井戸の中にいたにもかかわらず、少女はいたって元気だった。
食事はどうしたのかを少女に訊くと、知らないお婆ちゃんが一緒にいて、色々世話をしてくれたのだという。
少女がそのお婆ちゃんの説明をすると、母親は天に感謝した。3年前に亡くなった祖母そのものだったからだ。

信じようと、信じまいと――
436 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/02(金) 23:32:51 ID:SDYOy7CB0
信じようと、信じまいと_

1953年カリフォルニアに住むフラム夫妻の妻ナンシーが奇形児を生んだ。
彼らの子供は生まれてすぐに亡くなったが亡くなる直前に49年後に大国が一つ
崩壊するという予言をしてこの世を去った。奇しくもその日から49年後、つまり
2002年9月11日は米国同時多発テロが行われた年であった。

信じようと、信じまいと_
438 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/02(金) 23:57:05 ID:N5MXxSJF0
信じようと、信じまいと―

東京都在住の会社員が山梨県の実家に帰った時の話。
ある日、男は一日中実家のすぐ傍にある大きな池で釣りを楽しんだ。
ところがその晩それを聞いた男の父親は、
池は昨日の雨まで干上がっていた為、魚などいる筈がないと言ったという。



なんかすげえ微妙だな…
439 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/03(土) 00:37:57 ID:+B8F9HOr0
信じようと、信じまいと―

19世紀半ば、ペンシルベニアの農場の娘、モーリーンが家の井戸で水を汲んでいると、井戸の底から声が聞こえた。
声は順にモーリーンの9人の家族の名前を呼んでいたが、手桶が水につくと止んでしまった。
その夜、床につく家族を見ていた彼女は、声の呼んでいた順番に戸口からベッドが並んでいる事に気付いた。
恐ろしくなり、モーリーンは一つ下の妹を連れて納屋で眠った。朝戻ってみると家族は消え失せていた。
440 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/03(土) 00:39:25 ID:+B8F9HOr0
信じようと、信じまいと―

1914年8月、メキシコ南東部で大規模な洪水が起き、15歳だったマテオ・ロペスは家ごと泥水に押し流された。
彼の家は墓地の近くにあったため、棺桶やミイラ化した遺骸なども一緒に流れていたが、そのうちの一つの
緑色の棺桶にしがみ付き、マテオは難を逃れた。それは洪水の2年前に死んだマテオの父、リカルドの棺であり、
その蓋には「これは我が魂を乗せた船、アケロンの水を越え、願わくば愛しき者をとこしえに守らん」と記してあった。
466 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/04(日) 21:45:09 ID:rhz6SR070
信じようと信じまいと─

アメリカの小さな町のホテル経営者が急死した。 彼には相当の生命保険がかかっているはずだったが保険証書などの所在はわからない。
ホテル経営を続けるために運転資金として保険金がぜひとも必要であった。 若い未亡人が途方にくれているとき、4歳になる坊やが
ホテルのロビーでかなり長い時間すごし、紙になにやら落書きすると郵便受けの中に入れた。 従業員がそれを見つけて母親に渡した。
それは一見落書きのように見えたが、よく調べたら速記文字であることがわかった。 それも現在使われているものより古いタイプのものであった。
それには夫人に対する愛情の表現で始まり債券類や保険証書はニューヨークの銀行に預けてあること等がしるされてあった。
そして驚くべきは急死したホテル経営者が、かって速記者であった経験を持っていたということである。
472 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/05(月) 01:05:24 ID:9kHHQogr0
信じようと、信じまいと―

ある学生が深夜、友人宅まで遊びに出かけた。
高架下を通る近道を利用しようと足を運んだが、彼はそこを通る事無く目的地に着いた。
何故遅くなったのか友人が理由を尋ねたところ、高架下に差し掛かった際に、
裁ちきられたスプレー缶、前半分の無くなったバイク、そして高架下を境に途切れた落書きが見えたからだという。

信じようと、信じまいと―
473 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/05(月) 08:09:48 ID:fBc9jg1D0
信じようと、信じまいと―

少し前、池袋の地下道に「さまよう落書き」の噂が流れていた事がある。
ポッポな字体で「HAPPY!」と、カラースプレーを使って大きく書かれたものらしい。
書かれた次の日には掃除の跡もなく消え去り、まったく同じものが別の場所に出現したという。
地下鉄を通り過ぎる電車の車体に「ByeBye」と書いてあったのを最後に、落書きは目撃されていない。

信じようと、信じまいと―
474 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/05(月) 08:19:58 ID:fBc9jg1D0
信じようと、信じまいと―

数年前、某県にある水族館で起きたとされる話。サメが泳いでいる大型の水槽に上から何かが落ちてきた。
大きな音がしたので、多くの家族連れの客が驚いて水槽に注目した。かなり激しく泡が立ち込めている。
しかし、そこには泡ばかりで何もない。すると客が「誰かがサメに食われた!」と騒ぎ始めた。
驚いた職員が「落ちた人間」を調べたが該当する者はおらず、サメが何かを食べた形跡もなかったという。

信じようと、信じまいと―
475 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/05(月) 08:24:42 ID:fBc9jg1D0
信じようと、信じまいと―

埼玉県の某所にある会社には「お茶泥棒」が出没する。
休憩時間に出されるお茶を飲まずにしばらく放っておくと、いつの間にか空になっているのだ。
最初は社員の誰かの悪戯だと思われていたが、誰も飲んでいる現場を目撃した者はいない。
お茶を勝手に飲まれる以外に害はなく、いまでは泥棒用にお茶を1つ余分に用意するそうだ。

信じようと、信じまいと―
476 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/05(月) 08:51:57 ID:fBc9jg1D0
信じようと、信じまいと―

昭和60年ごろ、主に関東から北陸にかけて「誕生日おじさん」が目撃されていた。
道端で露店を開き、誕生日用のケーキを売っているのだ。このケーキで祝うと「幸運が訪れる」らしい。
Aさんは従姉の誕生日に購入。ところが従姉は食中毒で入院。予定していた海外旅行はキャンセルになった。
旅行先で乗るはずだった飛行機が墜落したと知ったのは、退院からしばらくしてであったという。

信じようと、信じまいと―
491 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/06(火) 18:20:36 ID:rfBxuaMQ0
信じようと、信じまいと―

日航123便墜落事故の折、墜落地点を特定するため長野県警が地元署のパトカーを現場の方面に向かわせた。
だが、現地は山間部ということもあり、県警本部のある長野市までパトカーからの無線は届かず、地元署が中継したが意思の疎通がうまくいかない。
そこで通信会社の移動中継車が調達され、中継を行なったことで通信問題は解決した。
しかし、通信が良好になりはじめたのは、中継車が稼働するよりも一時間以上前からだったことが後にわかったという…。

信じようと、信じまいと―
493 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:09:27 ID:L67vROi40
信じようと、信じまいと―

鳥取県の国道沿いにある枝に「ピンク色のリボン」が、大体100m間隔で絡み付いている事があった。
約1年ほど放置され、人々は工事か何かの目印かと思っていたらしい。だが、どうも違うようである。
一応、道路公団の職員が「ゴミ」としてすべて回収したのだが、処分する前に行方が分からなくなったらしい。
リボンがあった年度の事故発生件数は、過去最低の記録であったという。

信じようと、信じまいと―
494 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:21:09 ID:L67vROi40
信じようと、信じまいと―

夢の中で「1つだけ願いをかなえてやろう」と神様から言われた主婦がいた。
いろいろと考えたが結局1つに絞りきれず、そのまま目が覚めてしまった。
「もったいない事をした」と何度も悔しがりながら洗濯を干していると、ハンガーが足りない事に気がついた。
クローゼットを開けると、昨日まではなかったハンガーが何十個もぶら下がっていたそうである。

信じようと、信じまいと―
495 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:36:25 ID:L67vROi40
信じようと、信じまいと―

自動車事故に巻き込まれ、右足を骨折してしまった男がいた。
病院に担ぎ込まれ治療を受けたのだが、医者はレントゲン写真を見て苦笑した。
「非常に良く出来た義足ですね。担ぎ込まれる場所を間違えたようだ」と皮肉を言われ、男は困惑した。
産まれてから一度も、義足の世話になるような状態になった事はなかったからだ。

信じようと、信じまいと―
496 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:43:03 ID:L67vROi40
信じようと、信じまいと―

南北戦争時の資料に「ジェフリー・ドーソンの回顧録」というものがあるが、資料的な価値は低いとされている。
「戦闘中に天使の軍勢が悪魔と戦っているのを見た」という記述があるからだ。
ところが、興奮状態で見た幻覚や虚言であるという理由から否定されているわけではない。
彼が見たという天使の肌の色が黒かったから、という理由で資料的価値がないとされているのである。

信じようと、信じまいと―
497 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/08(木) 08:52:56 ID:L67vROi40
信じようと、信じまいと―

福井県三柴市にある戸越村には、村を取り囲むように長い樫の棒が何本も立てられている。
「抜くと村がなくなる」と言い伝えられており、信仰の対象にもなっている。
そのため村の老人達は「抜かれるのを防ぐため」に、昼夜交代で棒を見張る習慣があるそうだ。
もしも貴方がこの村の事を調べようとして、何一つ資料が出てこなかったとしたら───

信じようと、信じまいと―
502 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/10(土) 12:20:34 ID:CKSPsmRpO

信じようと、信じまいと―

四国のある山道に「左を御覧下さい」(反対側には「右を御覧下さい」)と書かれた看板がある。
指示されている方向を見ても、ただ山肌があるのみである。
しかし、よくこの道を利用する人でもこの看板を見るとその方向を必ず見てしまうという。
この山道での事故はごく稀である。

信じようと、信じまいと―
508 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/10(土) 23:06:55 ID:+H3KwnCeO
信じようと信じまいとー

ブラッドウッドの宇宙人、俗に言う3メートルの宇宙人だが、実は太古の日本で既に記録されている
遮光木器土偶と同時期に出土している物と非常に酷似しているのだ
これは3メートルの宇宙人が世に知れた以降の出土品である為、アメリカ国防省との密約により公表記録からすべて封印されている
そして、それは今なお上野の国立博物館地下倉庫にて厳重に保管されている

これが日の目を浴びるのは果たしていつのことだろうか
509 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/11(日) 01:38:00 ID:Of36fX47O
信じようと、信じまいと―


茨木県の某山中にある、出自不明の祠。
撤去や発掘調査をしようと計画が持ち上がるたびに
責任者や推進者が変死や自殺に見舞われ、いまも放置されている。

徳川埋蔵金にまつわる祠だという風説が地元に残るのだが、確かめようする者はいない。


信じようと、信じまいと―
511 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/11(日) 15:05:53 ID:mz8uSNp80
信じようと、信じまいと―

1963年当時13才であったインドのラタミラという少女は前世を語るというので評判になった。
曰く彼女はビヤと呼ばれ結婚して子供もいたが39才で世を去った。 その後ブラミン(カーストの最上級)の
家に生まれたが9才で交通事故で死亡、今の家に生まれたのは3度目ということであった。
彼女は生まれた町を一度も出たことはなかったが、ビアであった頃の家に連れて行ったところ家族の名前を
全部言い当てたばかりか飾ってあった古い写真から両親を苦もなく探し出したという。
512 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/03/12(月) 03:07:27 ID:CHpdUPgd0
信じようと、信じまいと―

兵庫県の斑鳩寺に「聖徳太子の地球儀」と呼ばれる球体が納められている。
実のところ太子に縁はない物らしいが、この球体の表面には日本列島を始めユーラシア、
南北アメリカ、そしてアフリカ大陸の位置がかなり正確に刻まれているのだ。
ただ、どういう訳か太平洋上に、存在しない筈の大陸が一つ余分に刻まれているという。
515 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/12(月) 21:06:29 ID:9yvS8PAf0
信じようと、信じまいと―

1990年イギリスのある狭い路地で、同時刻に殺害されたと思われる五つの死体が発見された。
まもなく五人の男が自首してきたが、全員が「自分と被害者の二人以外誰もいなかった」と主張。
その後いくら調べても被害者同士、加害者同士の接点が見出せなかったために、
悩みぬいた警察は五件の事件をまったく別の事件として処理した。
516 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/12(月) 22:05:18 ID:9yvS8PAf0
信じようと、信じまいと―

1980年ごろのアメリカ、アトランティックシティにジョン・ウッドというギャンブラーがいた。
彼は大抵の勝負で負けるのだが、最後の最後に大勝ちし、いつも収支ゼロとなっていた。
珍しく勝ちのまま終わった日も帰り道で事故にあうなど必ず何らかの出費をするので、
友人から「バランス」と呼ばれれていた彼は、83年3月2日に車に撥ねられ亡くなった。彼の息子が生まれた瞬間だった。
519 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 08:21:40 ID:at0NpVI90
信じようと、信じまいと―

「漫画の神様」として知られる手塚治虫氏だが、一部では「予言者」として知られている。
何十年も前のSF漫画で示唆してきた技術革新や世界状況などが、ピタリと的中しているのだと言う。
彼の予言を信じる者に言わせれば「ひとたび世に出れば嘘は本当になり、それは必ず実現する」のだそうだ。
ところで手塚氏の作品の中には、完成しているのに未発表のものが1本だけあるらしい。


信じようと、信じまいと―
520 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 08:33:55 ID:at0NpVI90
信じようと、信じまいと―

漫画家の手塚治虫氏は、非常に嫉妬深いことで知られている。
「AKIRA」で有名な大友克洋と初めて対面した際、「君ぐらいの絵なら僕でも描けるよ」と言ったエピソードがある。
その大友氏が締切を前に体調を崩しながらも作品を書いている最中、1人のアシスタントが非常に頑張ってくれたそうだ。
「ほらね?」と得意げに笑うベレー帽のアシスタントの事を、他の人間はまったく覚えていなかったと言う。
521 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 08:42:09 ID:at0NpVI90
信じようと、信じまいと―

漫画家の手塚治虫氏は、自分に対して非常に厳しい面を持っていることでも知られている。
アニメ版「鉄腕アトム」の某エピソード(手塚自ら手がけたもの)が気に入らず、フィルムを焼き捨ててしまった。
すると不思議な事に、青く燃える炎の中で焼き捨てたフィルムの映像が浮かび上がったのである。
その映像をみた手塚は急いで1つのエピソードを造り上げた。それが「地上最大のロボット」である。

信じようと、信じまいと―
525 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/13(火) 13:49:24 ID:XfatgD9lO
信じようと、信じまいと―

1864年カナダのとある田舎町で、空高くに浮かぶ中世の都市が目撃された。
住人全員に目撃されたその都市はその後半年に渡り目撃され続け、ある日を境にぱったり消えてしまった。
この都市は、住人たち以外にも噂を聞いてやってきた新聞記者など多数の人が目撃しているが、写真などは残っていないため集団幻覚とされている。
しかし、のべ数万の人々が一人の脱落もなく幻覚をそれも長期間に渡り見続けることなど有りうるのだろうか?

信じようと、信じまいと―
527 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/14(水) 20:10:34 ID:9nCIgkgG0
信じようと、信じまいと―

1980年代の日本で、とあるヘヴィメタルバンドがライヴ会場でリハーサルを行っていた時のこと、
ギタリストに心酔して顔まで一部整形したという一人のファンが楽屋に無理矢理入り込んできた。
妙な奴だとバンドもスタッフも笑って迎えたのだが、彼にふざけてギターを渡したギタリストは驚愕した。
その彼が弾くギターは、まさにこれからライヴで弾こうとするアドリブのパートを正確になぞっていたのだ。

信じようと、信じまいと―
530 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/14(水) 23:12:53 ID:pkpn8brVO
信じようと、信じまいと―

フランスの或る村のそばに、近隣住人から「悪魔の住処」と呼ばれ、忌み嫌われる洞窟がある。
村人によるとその洞窟には悪魔が住んでおり、その悪魔の声を聞いた者は死んで仕舞うという。
その話に興味をもった民俗学者がその洞窟を調査したが、一週間経っても帰ってこない。
心配した村人が学者を捜しにいくと、彼は洞窟の入り口で耳を押さえて死んでいた。

信じようと、信じまいと―
536 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/15(木) 22:09:49 ID:FOVDz4Gb0
信じようと、信じまいと―

青森県のドライブインで車だけを残し行方不明になった長距離トラックの運転手が、
その10日後瀬戸内海の人一人乗るのがやっとなほど突起した岩山の上で死体となって発見された。
死体の腹は臨月が近い妊婦のように膨れており、解剖したところ口から胃にかけて貝類や藻類がぎっしり詰まっていたという。

信じようと、信じまいと―
560 名前:◆UOgLRpFajs 投稿日:2007/03/18(日) 11:34:17 ID:225eTpd20
信じようと、信じまいと―

ダムや橋梁といった大規模な建築工事を請け負う者の中に、贄師と呼ばれる輩がいる。
原因不明の事故が多発するような現場では、彼らが呼ばれることが時々あるらしい。
彼らは決まって小動物を連れており、深夜に一人現場を訪れ、何かを地中に埋めて去るという。
理由はわからないが、その後はぱったりと事故が起こらなくなるのだそうだ。
566 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/19(月) 19:18:47 ID:E0qwW4Ay0
信じようと、信じまいと―

埼玉のある町に、山に住む天狗とその召使の犬の話がある。
話によると、天狗はその地域の人々が疫病で苦しんでいると犬に人々を
天狗の住んでいる山の家に連れてこさせ、その病気を治療していたという。
現在、天狗と犬が住んでいたとされる山は切り崩され、病院が立っているが、時々犬の鳴き声が聞こえるという。

信じようと、信じまいと―
568 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/19(月) 19:37:58 ID:E0qwW4Ay0
信じようと、信じまいと

日本海のある海域に50mにもなる一本の黒い帯が現れた。
その近くを通った漁船が詳しく調べてみると、数千万にも及ぶ魚の群れだった。
帰港した船長から話を聞いた専門家曰く、「通常、魚は脅威から身を守るために、、
大型の魚のようにカモフラージュします。それだけの群れであったということはそれだけの脅威がいたということです。」

信じようと、信じまいと。
581 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/21(水) 03:44:26 ID:bQZ5EFDy0
信じようと、信じまいと―

20世紀初頭のイギリス。ある村の住民全員がキリスト教を棄教すると宣言した。
教会が理由を尋ねても皆一様に口を閉ざした為、数人の司教が調査に赴いた。
だが村について数日後ほぼ全員が発狂するか棄教し、一人は帰ってきた後何と自殺した。
彼は自殺の直前「神々……もう信じられない……」と呟いていたという。
582 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/21(水) 03:45:00 ID:bQZ5EFDy0
信じようと、信じまいと―

ニューヨークのある高層ビルのエレベーター内に、奇妙な貼り紙が貼ってあるという。
誰が貼ったかは謎だが、それには「一人で乗らないで」と書かれており、
実際に一人で乗った人が行方知れずになる事件が何件も発生しているという。
この貼り紙が貼られる前はそのような事件が起こっていないにも関わらず、である。
583 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/21(水) 03:45:40 ID:bQZ5EFDy0
信じようと、信じまいと―

地元住民から「歩く木」と名付けられた、少しずつ動くらしい木がフランスにある。
ある時ジャン・ピエールと言う若者が本当に歩くのか不寝番に立ったところ、
深夜1時ごろに何者かに殴られて気絶した。幸いにも一命は取り留めたのだが、
捜査した警察は凶器を「歩く木」の枝と断定。木の立っている場所は少しずれていた。
584 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/21(水) 03:48:06 ID:bQZ5EFDy0
信じようと、信じまいと―

1963年秋田。精神科医の元に奇妙な患者が訪れた。たどたどしい英語で言うには、
突然日本語が分からなくなったという。様々な医師や学者が原因究明と治療を試みたが全て失敗。
近所では「先祖の祟り」という噂まで広まった。なお症状自体は3年後に突然回復した。
関係は不明だが、前夜に患者の家を包む緑の光が複数の人に目撃されている。

信じようと、信じまいと―
586 名前:BugBear ◆9eEPBtFZrE 投稿日:2007/03/21(水) 04:36:08 ID:KkYhzcZv0
信じようと、信じまいと―

あるイギリスのプログレッシブ・ロックグループのレコードがCDで再販するに従って、
「当時の日本版の邦題が現在では差別用語とされているため、一部改題しました。」と表記された
ジャケットの付属したCDが作られた。しかし、そのような差別用語が使われた邦題は
そのCDの中には存在しない。いったい、なにを改題したのだろう?

信じようと、信じまいと―
598 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/21(水) 22:13:08 ID:lfjZklnq0
信じようと、信じまいと―

シンガポールのチー・ソン巡査はオーチャードロードをパトロール中、駐車中の若い二人組みの男の
笑い方が気になり後戻りして近づくと二人は逃げ出した。ソン巡査は曲がり角まで追い詰めて二人を警察署に
連行、訊問の結果二人は窃盗を自供した。しばらくして署に泥棒が入ったとの110番電話が入ったが署長は
犯人はもう捕まえましたよと鼻高々に知らせた。ソン巡査はこのやり方で過去にも多くの事件を解決している。
彼によると不思議な予感がするのだという。 シンガポールでは霊感巡査として結構有名らしい。

信じようと、信じまいと―
599 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/22(木) 00:01:52 ID:5n7b/ES0O
信じようと、信じまいと―

ギアナのとある村では小さな宇宙が飼われている。その宇宙は少しずつ成長していると言うのだ。
1978年、フランスのTV局が取材を行ったが、スタッフは取材終了の連絡の後消息を絶った。
TV局が村人に取材スタッフ達の行方を尋ねてみても、村人はただにやけるだけであった。
現在その村は深刻な過疎にある。

信じようと、信じまいと―
611 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/22(木) 20:41:13 ID:Ke4dPT070
信じようと、信じまいと―

初代仮面ライダーには、「蜂女」と言う怪人が登場するが、しかしコレはリテイク後の着ぐるみで、最初は、
「怪蛇女」という物だったらしい。日本の伝説にある執念深い女性の化身”清姫”をモデルにした物だったが、
しかし「耳元で女性の声が聞こえる」と、着用拒否が相次ぎ撮影は中止。脚本も別のものに差し替えられた。
頭部で使われた頭髪が、実は本物の女性の頭髪だという噂も立ったが───真偽は定かではない。

信じようと、信じまいと―
612 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/22(木) 21:00:51 ID:6V2Pr9iq0
信じようと、信じまいと―

ニュージャージー州に住む男性は、ある時奇妙な手紙を受け取った。
「奇術師ディーンから、親愛なる友人の君へ朗報だ。遂に完璧な消失マジックを思いついた。
 今度は僕の姿だけでなく、あらゆる記録や記憶からも消えて見せるよ」という内容である。
問題は、このディーンの存在を証明するものがこの手紙以外に無い事である。

信じようと、信じまいと―
617 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/23(金) 03:03:39 ID:tUE3h9DJ0


信じようと、信じまいと―

『リメンバー・パールハーバー』
真珠湾攻撃の翌年、ルーズベルト大統領が演説のなかで言った言葉である。
しかし、真珠湾攻撃の行われた2年前の同月同日朝…
インディアナ州オーエンスビルの小学校側の道にペンキで大きく
『REMEMBER PEARLHARBOR(リメンバーパールハーバー)』
と、書かれていた事を知るものは少ない…。

信じようと、信じまいと―
640 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/24(土) 23:57:00 ID:s4riJspY0
信じようと、信じまいと―

1998年にフロリダの天文学者らが、それぞれ違った宗派の占星術師18人を招き実験を行った。
今後数百年に及ぶ天体運行のシュミレート結果を、占星術師たちに占わせたのである。
すると、術師たちは一様に「ある時期を境に人類が大幅に減少する」と占ったそうだ。
現在実験レポートは破棄され、「ある時期」を知る関係者らは硬く口を閉ざしている。

信じようと、信じまいと―



ログの人類消滅ものに触発されて書いてみた。

それにしても、初代の>>1のまとめ方は神だな。
あれほど簡潔で最低限の文章なのに、適度な現実感と不思議さがある。
あんなんがサラッと書けるようになりたい
647 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 18:05:09 ID:z1f4rxvjO

信じようと、信じまいと―

「水の中」という本がある、本といっても小さな紙数ページをまとめた粗末なものだ
その本を読んだ者は水という水を怖がりそれ以来水を口にすることはなくなってしまう
だが彼らは決して脱水症状死んでしまう事はなく老衰を迎えるまで健康そのものなのだ
その本の最後にはこう記してある「そしてあなたたちは救いの井戸から水をくみ上げる」

信じようと、信じまいと―
649 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 20:44:43 ID:Tz9RswDy0
信じようと、信じまいと―

CIAの任務の一つで、凡そ50年前から続けられている不思議な任務がある。
別段秘匿されているわけではないのだが、ニューヨークの外れにあるコーヒーショップの監視がそれだ。
正式なマニュアルも存在し、チャートによって起こる事への対応もきっちりと解説されている。
ただ、何の目的で、この任務を何のために行っているのか・・・それを知る者は居ない。
650 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 20:52:37 ID:Tz9RswDy0
信じようと、信じまいと―

オークランド州で、今不思議な携帯電話が流行している。
何と自分の皮膚を剥ぎ、携帯電話を装飾するというのだ。
刺青を入れたものを貼る者、唇の一部分を含む顔の皮膚を貼る者等、どんどんとエスカレートを続けているとの事。
日本の一部の個人外科でも、保険適用外でそれを受け付ける医者も増えて来ているらしい。
651 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 21:04:01 ID:Tz9RswDy0
信じようと、信じまいと―

福岡県糟屋郡の高校で、先日「生徒の居ない卒業式」が行われた。
この高校の卒業生は、実は21年前の中国への修学旅行の際に全員事故死してしまっているのだ。
当時の教員が全員集まり、卒業生の名前を読み上げ、その日の体育館は「仰げば尊し」の音楽が流された。
不思議な事に、曲だけの筈だった「仰げば尊し」に合わせた合唱の声を、多くの人が聞いているそうである。
652 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 21:08:28 ID:PLuXCNPZ0
信じようと、信じまいと―

新潟県のとある小さなスキー場には、建物の影にある看板が立っている。
地元の人も何時誰が立てたのかわからないというその看板にはこう書いてある。
「雪女に注意」 と。
因みに新潟県は雪女伝説発祥の地という説がある。

信じようと、信じまいと―
657 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/25(日) 23:50:55 ID:BOv2y++40
信じようと、信じまいと―

2000年7月、都内のとあるゴミ屋敷の大清掃が行われた。
ゴミを回収していると、一人の作業員がゴミの中に古い本を見つけた。
表紙は奇妙な文字で綴られており、奇妙な模様のようなものも書かれていたという。
だがこの話は誰も信じなかった。作業員によると開いた瞬間砂のように消えてしまったというからだ。
659 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 01:01:30 ID:ebztu6bH0
信じようと、信じまいと―

1989年8月、九州のある山中で凍った遺体が見つかった。
その遺体はたとえ冬でも凍った状態で見つかることなどあり得ない標高で発見された。
さらに奇妙な点は、木の中腹に逆さまにしがみつくような姿で死んでいたことであった。
何一つ不明のままその遺体は8月の遭難者名簿に身元不明と書かれ忘れ去られていった。
660 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 01:21:42 ID:wPhpSOEf0
信じようと、信じまいと―

1995年タイのバンコク。ティアンチャン・コーキンという男が道を歩いていると、右から車が突っ込んできた。
その車は電柱に衝突し、落ちてきた電線に接触したティアンチャンは感電してしまった。
病院で一命を取りとめた彼は家族にこう語った。「夢の中で釈迦様の右手に助けられた」と。
彼は右手で電線に接触し、電流は右半身を伝って右足から抜け、そのまま右に倒れたのだ。
662 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 02:53:46 ID:iHCWv2Zn0
信じようと、信じまいと―

南極にも温泉が沸いているのをご存知だろうか。
周辺は一年中霧が立ち込めており、周囲からの視界を遮っている。
1998年アメリカの観測機が霧の内部に入り、観測を行った。
しかし「Oh My God...」という通信を最後に消息を絶ってしまった。彼らは何を見たのだろうか。
666 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 07:59:24 ID:fJrelWz70
信じようと、信じまいと―

絞首刑は首を絞める処刑だが、縄の長さを間違えると斬首になることがある。
19世紀のアメリカで、ある殺人犯が公開処刑されたとき、それは起こった。
犯人が吊るされた拍子に、首が勢い良く吹っ飛び、観衆に飛び込んだのだ。
首は一人の男の目の前に落ち、男は恐怖であらぬことを口走り、それがもとで真犯人として逮捕された。
669 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 17:41:45 ID:gdyqDkhs0
信じようと、信じまいと―

線路の整備員達の間では作業マニュアルにはない、口頭だけで行われる注意があると言う。
それは「人身事故のあった場所に見なれない草が生えていたとしても、けして引っこ抜かないこと」。
ある時、その掟をやぶった作業員が突然心臓発作を起こして倒れた。
こと切れた彼の傍らには人間に似た奇妙な根っこの草が落ちていたという。

信じようと、信じまいと―
670 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/26(月) 17:54:03 ID:BAj89ua/O
信じようと、信じまいと―

熊本県の某市に住む少年は、事故で右腕を失ってから幻肢痛に悩まされるようになった。
だがある時を境に、痛みが誰かの手を握っているような感覚に変わった。。
しかもその手は「向こう側」に彼を引っ張っているような感覚だと言うのだ。
ちなみにそのある時というのは、いじめられていたクラスメートが亡くなった日である。

信じようと、信じまいと―
681 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/27(火) 17:44:58 ID:MTPbplxF0
信じようと、信じまいと―

1992年、ボストン。小学校にショットガンと斧で武装した男が乱入し、児童と教師を数十名殺戮した。
と、泣きながら訴える男の子が保護された。しかし、実際にはそのような事件は起こっていない。
おかしなことに、男の子の言う自宅住所は架空のもので、どんなに探しても家族も身元も判明しなかった。
その男の子はは現在精神病院に収容されているという。彼はどこから来たのか。
697 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/29(木) 11:17:38 ID:dPFWYtRm0
信じようと、信じまいと―

1979年、イギリス。アパートの一室で奇妙なオブジェが発見された。
それはベッドに大の字に横たわる極めて肥満した人間の屍体で、手脚の関節から先だけが異常に痩せていた。
どうやら一度生きながら切断した手脚を冷凍保存し、その間に被害者である浮浪者を肥らせたのち殺害、手脚を解凍して縫いつけたらしい。
この製作に手間のかかるオブジェの存在を警察に通報したのは製作者らしい。腐る前に知らせたかったのか。電話の声は女だったという。
700 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/29(木) 17:23:49 ID:Ozq8tuKX0
信じようと信じまいと─

5年前、FBIは極秘のプロジェクトを立ち上げた。一種の脳波検知器の製作で、強い殺意を抱いた人間に反応する物だ。
強盗殺人などで囚役している10人に対して、実験が行われた。担当官が事件当時の状況を思い出させ、検知器の反応を見る。
検知範囲は数メートルだが、10人全員が何らかの反応を引き起こした。世間話では反応が出ないため、プロジェクトは成功と思われた。
ところが最終報告の段階で、プロジュクトは解散し資料はすべて焼却された。この検知器が長官の前で強く反応したためだ。

信じようと信じまいと─
701 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/29(木) 19:31:09 ID:XK88g/jL0
時は14世紀、ヨーロッパに小さな町があった。
その町には「恐ろしい災厄を封じ込めている」と言われている大きな鉄の箱があった。
皆恐れて近寄ろうとしていなかったが、ある日酔っ払った若者がふざけて箱のふたを開けてしまった。
町の人々が恐る恐る覗き込んで見たが、小さなネズミが一匹入っていただけでネズミはどこかへ走り去って行った。
「誰が最初に置いたか知らんが酷いいたずらだ」と誰もが失笑した。

だが、次の日から謎の病気が町中で流行り、しまいに国から国へと広まっていき数多くの人が死んだ。
のちに分かったことだがこの病気の名は「ペスト」 その感染源は───ネズミである


信じようと信じまいと─
702 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/29(木) 21:13:11 ID:tSc+p0lk0
信じようと信じまいと―

メキシコのはずれにある崖の中腹にかなり昔だが人が住んでいる形跡のある穴が見つかった。
しかしその場所は地上から150メートルの高さにありどう考えても人がたどり着ける高さではないという。
ヘリで調査し、様々な生活用品などが見つかったが、どうしてもどうやって中に入ったのかは分からなかった。
しかし最近穴の中に、ある壁画が見つかった。その壁画には空を飛んでいる人間の絵が描かれていたという。


信じようと信じまいと―
703 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/29(木) 23:15:32 ID:3V6QWmgg0
信じようと、信じまいと―

船乗りシンドバッドの冒険にはある秘薬を用いて人の知能を低下させ食用の家畜とする部族が登場する。
これは同種族の脳などを食べることにより発症する脳病(ヤコブ病など)が元となったらしい。
実はパプアニューギニアでは1960年ぐらいまで葬送としての食人が行われており、クールーという脳病が蔓延している。
クールー病の潜伏期間は5〜50年。まるで眠れる爆弾のように、あと数年で爆発的に発症者が増えることが懸念されている。
704 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/30(金) 01:02:39 ID:to7GcRBH0
信じようと、信じまいと―

1994年4月、長野の天竜川の流域で黒塗りの木箱が放置されているのが発見された。
その箱の縁に血痕がついていたため、箱はそのまま長野県警へと送られた。
結果、その箱の中には白い折り鶴が入っており、箱の内側は全て朱色に塗られていたという。
関係ないとされた話だが、その箱と同じ場所に死体を遺棄したと自首してきた夫婦がいたそうだ。
705 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/03/30(金) 01:19:34 ID:to7GcRBH0
信じようと、信じまいと―

2001年10月、東京の池袋にある展望台のトイレで死体が発見された。
自殺と断定され、死因は眼底部から突き刺さった本人の指による脳の損傷。
目撃者の証言にも矛盾は無く、そのまま事件は忘れ去られていった。
携帯電話に持ち主の自殺者の声で「おれのせなかがみえる」と言う録音があった点も放置された。
744 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/03(火) 14:12:40 ID:z5Pb4gpu0
信じようと、信じまいと―

1999年、アメリカ。田舎町で少年5人が連続して獣に噛み殺される事件が起きた。
さらに、直後に2歳年上の姉を射殺したローティーンの少女が逮捕された。
妹は姉が狼に変身し、付き合った少年たちを殺し、自分も殺されそうになったので撃ったと主張した。
もちろんこんな証言に信憑性はないが、妹の脚には少年たちを殺した獣と同じ歯型がついていた。
772 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/06(金) 03:54:06 ID:oME4pKZL0
信じようと信じまいと─

日本古来の妖怪に「宿おどし」がいる。研究家によると、姿は見えず濡れた音だけの存在とのこと。
特徴は、自縛霊を栄養源として食す事で、宿場町に多い自縛霊を狙って出没したらしい。
海辺や河川に近い街での出現が多く、幽霊さわぎや霊障に悩む宿屋からは、逆に重宝がられていた。
「宿おどし」を招きよせる方法に魚油の灯篭がある。部屋に魚の臭いがしたら、灯篭の残り香かもしれない。

信じようと信じまいと─
776 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/06(金) 12:42:05 ID:s8KKNRtz0
信じようと信じまいと─

イタリア南部のとある教会には、若返りを起こす奇跡の小箱が安置されているという。
宝石箱ぐらいのサイズで、中に入れたものは一晩経って開けてみると見違えるように若返っているそうだ。
しかし記録では、老いたネズミや傷みかけた野菜で試してみたところ、ネズミは肉体こそ若返っていたようだが
昏睡状態に陥り二度と目覚めず、野菜も新鮮さを取り戻したがひどい腐臭で食べられた物ではなかったとか。

信じようと信じまいと─
784 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/08(日) 12:06:34 ID:VOr4ct3b0
信じようと信じまいと─

イラク戦争中、アメリカとイギリスの特殊部隊が、ある村を襲撃する共同作戦を実行した。
ところが村には誰も折らず、そればかりかここ数年人が暮らした気配が無いのである。
地下に隠れている痕跡も、テロや武装勢力に協力しているような証拠も無かった。
テロで使われる武器などは、この無人の村から提供されているのは間違いなかったのに───
787 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/08(日) 13:03:52 ID:kOEHIpOt0
信じようと、信じまいと―

イギリスの首相スペンサー・パーシバルは1812年のある日、光るボタンのついた緑の服の男に
射殺される夢をみた。同じ頃ジョン・ウイリアムスという裕福な地主も同じ夢を何回も見て、首相に
進言すべきか迷っていた。翌朝、パーシバルはたかが夢と家族のとめるのも聞かず議会に出席した。
そして下院のロビーで突然現れた男に射殺された。男は光る真鍮のボタンのついた緑の服を着ていた。
792 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/08(日) 21:56:11 ID:qWrGZNB80
信じようと、信じまいと―

イギリス、ハンプシャーの一軒の旧家に残された日記には、ある不可解な記述がある。
机の引きだしにインク瓶をしまっておくと、いつも翌朝には消えてしまうというのだ。
彼が世を去って数十年、日記の主の曾孫にあたる人物は自分の机の引きだしからいくつもの見覚えのないインク瓶を見つけた。
まぎれもなく曽祖父の時代に作られたインクであったと、その男は自らの日記に記している。
804 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/10(火) 15:58:09 ID:HnYF+ZdM0
変なところで句点をつけたり、「○○はしかし、」という文体とかが独特だから
すぐに誰だか分かるんだけどねぇ・・・


信じようと、信じまいと―

スペインの小さな町にある公園に、近所の老婆がボールを抱えて散歩に来るようになった。
ピンク色のゴムボールに熱心な様子で話しかけるのを見て、誰もが老婆の痴呆を疑わなかった。
あるとき老婆が散歩中に急死した。死因は心不全だったが、驚いた事に妊娠している事が判明した。
ピンク色のゴムボールは、どこを探しても見つからなかった。

信じようと、信じまいと―
816 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/11(水) 11:04:19 ID:5DCfVtrJ0
信じようと、信じまいと─

心霊写真を鑑定する時に、いくつか気を付けるべき事があるという。
その中のひとつに「虫眼鏡で見てはならない」というものがある。
拡大して観察したりすると、写り込んでいる霊に目を付けられる───からではなく。
写真の中で少しずつ少しずつ動いている霊と、たまに目が合うからだそうだ。

信じようと、信じまいと─
817 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/11(水) 11:04:58 ID:5DCfVtrJ0
信じようと、信じまいと─

「ウルトラマンセブン」の第12話が、とある抗議によって封印処分されたのは有名な話である。
実は「ウルトラマンA」にも封印処分された話が存在する。
といっても抗議等を受けたからではなく、製作側が自主的に「お蔵入り」を決定したのだという。
完成したフィルムを試写した時、台詞がすべて「女性の金切り声」に変わっていた為らしい。

信じようと、信じまいと─
818 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/11(水) 11:06:05 ID:5DCfVtrJ0
信じようと、信じまいと─

一般書店で販売されている本に「建設物価」という資料本がある。
建築や土木工事に必要な「材料の単価」などが記載されているのだが、たまに変な物が掲載されるらしい。
「死体(禽獣)運搬・処分費」に混じって「遺体処分費」「遺体運搬投棄」と載るのがそれである。
確認されるたびに単価が違うため、どうも相場というものがあるようだ。

信じようと、信じまいと─
819 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/11(水) 11:06:38 ID:5DCfVtrJ0
信じようと、信じまいと─

広島県にある某遊園地では、毎日「午後2時〜午後3時半」までメリーゴーランドが停まる。
別に遊園地の係員が停めているわけではなく、その時間になると勝手に停止してしまうそうだ。
その時間は「保守点検」と称して、客が近付かないようにしている。
原因を調べた全員が、口をそろえて「ひどく嫌な感じがする」と再点検・修理を拒否したからだ。

信じようと、信じまいと─
822 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/11(水) 15:44:40 ID:5DCfVtrJ0
>>821
精神的安静の為にも、ギコナビなどの専ブラをオススメする。
「透明あぼ〜ん」や「NGワード」などの機能によって、荒らしを
目にしないで住むようになるよ。


信じようと、信じまいと─

別府の温泉街で、80年代に変な噂が流れた事がある。
「さまよう温泉玉子」というのがそれで、入浴中、いつの間にか湯船に玉子が浮いているという。
プカプカと浮くだけで何も起こらず、気がつくと消えている。手に取ろうとすると、沈んでやはり消えてしまう。
手に入れると幸福に慣れるといわれているが、バブル期の終焉と共に噂は聞かれなくなってしまった。

信じようと、信じまいと─
823 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/11(水) 17:41:11 ID:ISTiF1zx0
信じようと、信じまいと─

少年が、友人を撃ち殺してしまったと警察に駆け込んできた
警官が驚いて現場に向かうと、確かに少年の友人は事切れていたが、外傷はなく、少年の所持していた銃もただの玩具であった
遊んでいる最中に起こった突然死として、事件は処理されたが
念のため、死因を特定するために解剖したところ、遺体の心臓の中から本物の銃弾が発見された
824 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/12(木) 16:47:04 ID:yNEUtw9S0
信じようと、信じまいと─

熊本県のある町では、「午前4時に鳴る電話に出てはならない」という噂が広がった事がある。
その旨を知らせる回覧板も出回ったというから、大多数の人間が信じていたようだ。
電話を取るとどうなるのか誰も知らなかったし、実際に電話が鳴ったという話も聞こえてこなかったが。
ただ、そこの町だけ高齢者の「孤独死」が全国平均よりも異常に高いらしい。

信じようと、信じまいと─
835 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/13(金) 20:59:29 ID:N4pP+jgY0
信じようと、信じまいと―

昭和20年、川崎地区を空襲したB-29編隊が帰り際にあることに気付いた。
後方から光り輝く火の玉が幾つもついてくるのだ。
機関銃を射撃しても一向に効果はなく、何百マイルも追いかけてきたという。
その後、東京を始めとした各地のいくつかの空襲でも、この火の玉が目撃されている。

信じようと、信じまいと―
854 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/20(金) 00:36:33 ID:U76kGWee0
信じようと、信じまいと―

1978年、アメリカの研究チームがエジプトのとあるピラミッドを調査した。
最深部の個室には棺があったものの、中には遺体やミイラといったものはなく、
ヒエログリフとは異なる4種の象形文字で埋め尽くされた膨大な数のパピルスがあるのみだった。
このパピルス群はつい最近まで保存されていたが、何故か2003年中盤に破棄された。
895 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/26(木) 11:20:46 ID:EmGvpoGX0
信じようと、信じまいと─

「借金で首が回らない」という言葉があるが、ジョン・ボスヴィル氏の場合は少し違っていた。
経営が上手く行かず借金に苦しむ氏は、聖母マリアが数字だけを告げて姿を消す夢を何度も見ていた。
すがる思いで、その数字の宝くじを購入。なんとそれが130万UKポンド(約3000万円)の大当たり。
驚いた氏が妻の方へ首を向けた瞬間、首の骨が歪み……借金は返済できたのに今でも首が回らないそうである。

信じようと、信じまいと─
896 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/26(木) 11:22:11 ID:EmGvpoGX0
信じようと、信じまいと─

アメリカの「リトルチャイナ」という中国人街では、昔から子供達に厳しく守らせている習慣がある。
中国人が移民を始めた頃に「尉黒(イーヘイ)」という料理人がいたが、食人を疑われて惨殺されたそうだ。
以来、子供達には夜になって「尉黒、尉黒、子供の肉は美味しいか」と唄わせないようにしている。
尉黒が殺された次の日、彼を馬鹿にする歌を唄った白人少女が、ベッドの中で顔を噛み砕かれていたらしい。

信じようと、信じまいと─
897 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/26(木) 11:23:12 ID:EmGvpoGX0
信じようと、信じまいと─

1935年、スペインの古い教会から1枚の絵が発見された。
絵そのものは油絵なのだが、描かれているのはどう見ても東洋の「サムライ」だった。
キャンバスの裏には「我が村を救った英雄」とあり、鑑定の結果すくなくとも12世紀ごろの物だという。
侍の正体を知るため日本に送られる予定だったが、スペイン内乱の中で焼失してしまった。

信じようと、信じまいと─
898 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/26(木) 11:26:33 ID:waG3mmdbO
信じようと信じまいと

もう周知のことかもしれないが
つい数秒前に考えたことをよく忘れる人は、デジャビュなど突発的に情報が脳内に浮かんでくることがよくあると言う。

またそれは他人の記録である可能性が少なからずあるのだそうだ。
900 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/26(木) 11:35:26 ID:EmGvpoGX0
信じようと、信じまいと─

ある日、酒に酔ったアインシュタインの友人が、計算中のメモを見つけ悪戯心を起こした。
「神の意思(宇宙意思と訳す場合もある)定数」という架空の定数を、メモに書き込んだのである。
後になってメモを見たアインシュタインは、友人の悪戯に苦笑しつつも、面白半分に計算してみたところ───
あれだけ悩んでいた解があっあさり導かれたのだが、彼は「ありえない」とメモを握りつぶしてしまったそうだ。

信じようと、信じまいと─
911 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/27(金) 10:33:20 ID:iGeEbr030
信じようと、信じまいと─

ガムを緑色に着色する時使われるのは「蚕の糞」である。
加熱処理される過程で雑菌などを除去するため、健康面に問題はないとされている。
しかし蚕の中には突然変異的な菌を持つ物もおリ、ガムに異常を生じさせる場合があるらしい。
緑色のガムの中に紫色のガムがあったら、要注意だ。

信じようと、信じまいと─
912 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/27(金) 10:41:30 ID:iGeEbr030
信じようと、信じまいと─

日立が「脳波による機械への命令伝達」の実験が行なわれた。
脳波を伝える装置をつなぎ、回路のスイッチをオン/オフするだけの簡単な物だが、見事に成功した。
まるでSFの世界に追いついた技術ではあるが、マスコミには発表されなかった事実がある。
「オンにせよ」の命令が発せられた瞬間、研究所の人間が一斉に手近なスイッチをオンにしたそうだ。

信じようと、信じまいと─
927 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/28(土) 01:25:09 ID:eVLDMv4E0
信じようと、信じまいと─

何らかの疾患を負っている場合を除いて、外国人は肩こりにならない。
そもそも「肩が凝る」状態がどういったものか分からないそうだ。
肩が凝るという言葉を世に広めたのは夏目漱石だと言われているが、
肩こりに苦しむ日本人が増え始めた時期は、漱石の書が流行し始めた時期とほぼ同期である。

信じようと、信じまいと─
939 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/28(土) 20:29:28 ID:+eEI1OG60
信じようと、信じまいと─

神奈川県の数年前に廃業した廃病院で三つの頭蓋骨が発見された。
警察の捜査が開始され、歯型等の鑑定から以前病院でいずれも癌で
死亡した入院患者と判明したが遺族はありえないと言っている。
遺体には傷一つなかった頭蓋骨がないなどありえないというのだが・・・

信じようと、信じまいと─
940 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/28(土) 21:47:33 ID:pELZ/nHs0
信じようと、信じまいと―

アフリカのある地域に「ヨタ」という部族が存在したと記録されている。
彼らは長らく平穏な生活を送っていたが、探検隊が島を訪れて以降
部族全員で潮流の強い沖合いまで泳いでいくという奇妙な儀式を行い始めた。
体力のないものから死んでゆき、数年後にはその部族は全滅してしまったという。

信じようと、信じまいと―
941 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/29(日) 06:58:10 ID:Q+OkXvZi0
信じようと、信じまいと―

三国志時代の書物には面白い地域の話が幾つか有る。「秦華」と言う地方の村には、
戦に備えてか「登樹戒」と呼ぶ儀式が毎年行われていて、負けた者は一年間奴隷として、
人々の雑用を強いられていた様だ。一種の成人の儀式でもあり、全員で適当な樹を選び、
そこの頂上まで登る。落ちたり、順位が低い者は奴隷。ただ奴隷は、戦に出なかったらしい。

信じようと、信じまいと―
963 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/04/30(月) 21:01:13 ID:vOAo3lfU0
信じようと信じまいと─

1985〜1987年の間にヨーロッパ各地で、学童未満の子供の行方不明があいついで発生した。
当時の地元警察による捜査では発見できず、国際的なニュースになることもなかった。
2006年のEC会議のさなかに事態は静かに進展した。雑談の中から、各国政府より派遣された高官の8割の者が、
子供を失った親であることがわかった。匿名の出席者によると、唖然とした沈黙が一分以上続いたらしい。

信じようと信じまいと─
973 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/03(木) 12:18:59 ID:89/DmE9o0
信じようと、信じまいと―

中国内陸部のある寒村で、自称宗教家の男が麻薬の所持容疑で逮捕された。
押収された薬物は大量の高純度の覚醒剤で、村に精製設備がないことから、男の背後に大規模な密売組織があるのではないかと予想された。
しかし、当局の懸命な捜査にも関わらず、組織の存在は明らかになることはなかった。
逮捕された男はかつて少年時代に、なにもない中空からあらゆる物体を取り出すことができる、「神の使い」として崇められていた。
983 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/05/09(水) 20:13:43 ID:ilADIKnh0
信じようと、信じまいと―

1800年代のインドの高僧シュリー・アジタは出家以降死ぬまで、自分の手を洗うことをしなかった。
晩年の彼の両手はひどく醜く朽ちており、彼の苦行に対する信念の強さを思わせるほどだったが、
彼の内弟子の一部によれば、それは苦行でなく悪魔に魅入られた結果だったのだという。
彼の死後、彼の一番弟子が両手を空布で拭いたところ、布はあっというまに燃え尽き蒸発してしまった。

信じようと、信じまいと―

このファイルについて

Copyright © 2004-2011 ENDE @トリップ失念, Almost rights reserved.